メインカラムの始まり

[プレスリリース]
がん転移を促進する新たな仕組みを解明
-ヒト内因性レトロウィルス発現によるがん細胞の転移浸潤能と免疫抑制能の増強-

研究医療
2014/03/03  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部先端医科学研究所(細胞情報研究部門)の工藤千恵講師、河上裕教授らの研究グループは、内因性レトロウィルス(HERV)の一種であるHERV-Hが、がんの転移において重要な役割を果たしていることを明らかにしました。

進化の過程でヒトゲノムに入り込んだHERVは、通常は不活性化されていますが、様々ながん細胞で活性化されて発現が増強されます。しかし、HERVの機能的意義に関しては、これまで一切明らかにされていませんでした。

がんの転移は、患者の治療経過や予後を左右する最も重要な要素であり、今回の研究成果は、がん転移に対する新たな診断法や予防法、治療法などを開発することに結び付くと期待されます。

本研究成果は、2014年3月3日に米国癌学会誌「Cancer Research」のオンライン速報版( http://cancerres.aacrjournals.org/content/early/recent?papetoc 外部サイトへのリンク)で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)