メインカラムの始まり

[プレスリリース]
博士課程教育リーディングプログラム(オールラウンド型)
「超成熟社会発展のサイエンス」シンポジウム(3/10・東京)
「メンター大いに語る」フォーラム(3/15・大阪)

教育
2014/02/27  慶應義塾大学

慶應義塾は、2012年4月に「博士課程教育リーディングプログラム(オールラウンド型)」を開設し、産業界・官公庁・国際機関等の多様な場において将来リーダーとして活躍しうる人材の育成を目的に、新時代の博士教育を始めました。本プログラムでは、本学13研究科の中から選抜した学生を対象に、本格的な文理融合の学問環境と産学官コラボレーションによる革新的な教育環境を提供し、社会の要請に応えられる高度博士人材を育成しています。また、国内外から経験豊かな企業人(メンター)が毎週来校して学生を指導する演習も行っています。

このたび本学三田キャンパスにて開催するシンポジウムでは、2年目の取組み状況の紹介に加え、3年間で2つの修士号取得を目指す教育システムなどについて、掘り下げた議論を行います。

大阪シティキャンパスにて開催するフォーラムでは、社会に密接したプロジェクト研究の指導を行うメンターが、博士人材の社会輩出の重要性と将来展望を語ります。

つきましては、各イベントの告知とご取材のほど、よろしくお願い申し上げます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)