メインカラムの始まり

[プレスリリース]
高速・大容量・高信頼のSSDメモリー・無線ネットワーク基盤技術を確立
~ビッグデータサービスに道~

研究
2014/02/13  科学技術振興機構
中央大学
慶應義塾大学

ポイント
・ビッグデータ時代に必要となる高速・リアルタイム処理には、現在のシステムでは性能・信頼性がけた違いに不足している。
・今回、1)高速に書き換え可能な新メモリーの誤り訂正システム、2)簡便な方法で信号接続できる高性能な電磁界コネクタ、の2つの技術を新規開発し、それぞれ1)エラー8割削減・性能を33倍高速化、2)従来比30%軽量化・性能を20倍高速化に成功した。
・クラウドデータセンターや自動車の無人自動運転など、将来のサービス基盤の実現に大きく寄与するものと期待される。

JST 課題達成型基礎研究の一環として、中央大学理工学部の竹内健教授、慶應義塾大学理工学部の黒田忠広教授と石黒仁揮(イシクロ ヒロキ)准教授らの研究チームは、最近ハードディスク(HDD)の代わりとして利用されている非接触型の固体記憶媒体ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の研究開発を進め、ビッグデータ時代に必要となる高速・リアルタイムの無線・大容量データ処理技術に道を開きました。

研究チームは今回、1)高速に書き換えが可能な抵抗変化型メモリー(ReRAM)のエラーを8割削減し性能を33倍高速化する誤り訂正システム、2)配線をクリップで挟むだけで信号接続でき、従来比30%軽量・20倍高速な車載ネットワークを構築できる電磁界コネクタ、の2つの革新的新技術を開発しました。

新技術1により、DRAMのように高速でフラッシュメモリーのように大容量の「夢のメモリー」抵抗変化型メモリーが実用化に近づきました。パソコン・スマートフォンのバッテリーの長寿命化やデータセンターに使われる記憶装置(ストレージ)のけた違いの高速化、低電力化が期待されます。新技術2により、自動車の配線を30%軽量化し燃費を1.2%改善できます。また、車載ネットワークを20倍高速化し高度な情報処理ができるようになり、自動運転技術の実用化が近づきます。

この基本技術は、クラウドデータセンターや自動車の無人自動運転など、将来のビッグデータのサービス基盤に大きく寄与するものと期待されます。

本研究成果は、2014年2月9日から13日(米国西部時間)に米国・サンフランシスコで開催される「国際固体素子回路会議(ISSCC 2014)」で発表されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)