メインカラムの始まり

[プレスリリース]
欧州委員会の交流事業
「エラスムス・ムンドゥス計画 EASEDプログラム」が採択
日韓欧計16機関がコンソーシアムを設立

国際連携
2013/12/02  岡山大学
東京工業大学
慶應義塾大学
早稲田大学

日本参加大学:岡山大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学
日本協力機関:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

欧州圏とアジア圏の学生・研究者交流を国際的枠組みで促進する欧州委員会の交流事業である「エラスムス・ムンドゥス計画 第Ⅱ期2009-2013」のBEAM(Build on Euro-Asian Mobility)プログラム(実施期間2010~2014年)に続く拡大版としてEASED(Euro-Asian Sustainable Energy Development)プログラム(実施期間2013~2017年)が新規に採択されました。

本プログラムは、岡山大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学の日本4、韓国2、欧州6の計12高等教育機関と宇宙航空研究開発機構を含む日本・韓国・欧州の4協力機関がコンソーシアムを形成し、その枠組みの中でBEAMプログラム同様、日本の大学と欧州の教育機関が対等に連携し、博士課程の学生やポスドク・研究者、教員が“持続可能なエネルギーの開発”を中心テーマとして相互に交流を行います。これにより両地域間の研究交流の実質化と本テーマの更なる研究の発展が見込まれます。この交流事業に欧州委員会より投入される費用は総額約124万ユーロ(約1.7億円)です。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)