メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ステロイドが効かない重症ぜんそくのメカニズムをマウスで解明
-Stat5 阻害剤投与で重症ぜんそくが改善-

研究医療
2013/10/25  独立行政法人理化学研究所
慶應義塾大学医学部
独立行政法人科学技術振興機構

本研究成果のポイント
・ステロイドが効かないぜんそくの原因は、気道で作られるタンパク質「TSLP」
・TSLPによってナチュラルヘルパー細胞(NH細胞)がステロイド抵抗性を獲得
・ヒトにおけるステロイド抵抗性のコントロールに期待

理化学研究所(理研、野依良治理事長)は、マウスを使い重症ぜんそくで抗炎症薬剤「ステロイド」が効かなくなるメカニズムを解明しました。これは、理研統合生命医科学研究センター(小安重夫センター長代行)免疫細胞システム研究グループの小安重夫グループディレクター、茂呂和世上級研究員(JSTさきがけ研究者)と、東海大学医学部呼吸器内科学系の浅野浩一郎教授、慶應義塾大学医学部内科学教室(呼吸器)の別役智子教授、加畑宏樹助教らによる共同研究グループの成果です。

ぜんそくの治療には、ステロイドが最も基本となる薬剤です。多くの場合、低用量~中用量のステロイド吸入によって炎症を抑え、長期的に症状をコントロールできます。しかし、ぜんそく患者の5~10%は、ステロイドに対する耐性(ステロイド抵抗性)を獲得してしまい、高用量の吸入投与を必要とする重症ぜんそくとなり、時には死に至るケースもあります。

小安グループディレクターらは2010年、新しい免疫細胞「ナチュラルヘルパー細胞(NH細胞)を発見しました。NH細胞は、インターロイキン(IL)の1つIL-33の刺激を受けると、炎症を起こすタンパク質を放出して免疫系を活性化します。ぜんそくでは、IL-33の刺激を受けたNH細胞による免疫系の活性化で、気道の炎症が悪化します。本来、NH細胞の細胞死を誘導し炎症を抑制するステロイドに対して、抵抗性を獲得するメカニズムは分かっていませんでした。

共同研究グループは、ぜんそくモデルマウスを用いた実験により、気道で作られるタンパク質「TSLP」がステロイド抵抗性に関わることを発見しました。TSLPがIL-33とともにNH細胞に作用すると、NH細胞がステロイドに対する抵抗性を獲得することが分かりました。さらに、この作用を調べた結果、TSLPが「Stat5」という転写因子を活性化し、NH細胞の細胞死を防いでいました。そこで、Stat5阻害剤をマウスに投与したところ、NH細胞のステロイドへの抵抗性が消失し、重症ぜんそくが改善することが明らかになりました。

ヒトにおいても、ステロイドが効かない重症ぜんそくにStat5阻害剤を用いることで、ステロイド抵抗性をコントロールできる可能性が示されました。

本研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 個人型研究(さきがけ)の一環として行われ、英国のオンライン科学雑誌『Nature Communications』(10月25日付け:日本時間10月25日)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)