メインカラムの始まり

[プレスリリース]
思春期特発性側彎症(AIS)の重症化に関連するゲノム領域を発見
-AISの重症化の原因の解明や新たな治療法の開発への突破口に-

研究医療
2013/09/05  独立行政法人理化学研究所
慶應義塾大学医学部

理化学研究所(理研、野依良治理事長)と慶應義塾大学医学部整形外科脊椎外科研究グループ(松本守雄准教授ら)は、思春期特発性側彎(そくわん)症(AIS:Adolescent Idiopathic Scoliosis)の重症化に関連する新たなゲノム領域を発見しました。これは、理研統合生命医科学研究センター(小安重夫センター長代行)骨関節疾患研究チームの三宅敦研究生(元慶應義塾大学整形外科学教室助教)、池川志郎チームリーダーと、側彎症臨床学術研究グループ(松本守雄准教授ら)との共同研究グループによる成果です。

側彎症は背骨が曲がる疾患で、多くは原因が特定できない特発性側彎症というタイプです。特発性側彎症の中で最も発症の頻度が高いのが、思春期に起きるAISで、全世界で人口の約2%にみられます。AISの発症・進行には遺伝的要因が関与すると考えられ、世界中でその原因遺伝子の探索が行われています。発症に関連する遺伝子について、理研の骨関節疾患研究チームと慶應義塾大学医学部整形外科脊椎外科研究グループは、ゲノムワイド相関解析によって2011年に「LBX1」を、2013年5月に「GPR126」を発見しました。しかし、これらの遺伝子は側彎の発症には関与しますが、重症化は関連性が見いだせませんでした。そこで、共同研究グループはAISの重症化に関与する遺伝子の同定を試みました。

三宅研究生らは、日本人のAIS患者のうち側彎の角度が40度以上の重症群だけに限定し、対照者と合わせて約12,000人の集団について、ヒトのゲノム全体をカバーする55万個の一塩基多型(SNP)を2段階相関解析を用いて調べました。その結果、重症AISと非常に強い相関を示すSNPが17番染色体上に見つかりました。このSNPとAISの相関は、中国人の集団を用いた同様な相関解析でも確認できました。SNPは、SOX9、KCNJ2という遺伝子の近くに存在し、これら2つの遺伝子はいずれも、その症状に側彎症を含む骨系統疾患の原因遺伝子であることから、AISとの関連が強く示唆されました。

本研究では、世界で初めてAISの重症化に関連するゲノム領域を発見しました。今後、発見されたSNPとSOX9、KCNJ2との関連をさらに詳しく調べることで、分子レベルでAISの病態の理解が進み、新しいタイプの治療法の開発が期待できます。

本研究成果は、オンライン科学雑誌『PLOS ONE』に(米国時間9月4日付:日本時間9月5日付)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)