メインカラムの始まり

[プレスリリース]
プロバイオティクスによる腸炎抑制機構の解明
クロストリジウム属細菌を用いた炎症性腸疾患の治療・予防法の開発へ道

研究医療
2013/06/13  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部消化器内科の研究グループ(金井隆典准教授ら)は、同医学部微生物学・免疫学教室の吉村昭彦教授、米国ミシガン大学医学部の鎌田信彦博士、順天堂大学医学部免疫学講座の八木田秀雄准教授、独国ドレスデン工科大学医学部のAxel Roers教授、東京医科歯科大学難治疾患研究所の樗木俊聡(おおてきとしあき)教授らとの共同研究により、消化管内の細菌叢を改善する微生物・プロバイオティクスとして知られるクロストリジウムブチリカムMIYAIRI588株(以下、本菌株)が、大腸粘膜のマクロファージから炎症抑制性サイトカインであるインターロイキン-10(以下、IL-10)を強力に誘導して大腸の炎症を抑制することを、マウスを用いた研究で明らかにしました。

この研究成果によって、本菌株を用いた炎症性腸疾患に対する、より安全性の高い、より安価な、新しい治療戦略や予防法の開発が期待されます。

本研究成果は米国科学雑誌「Cell Host & Microbe」2013年6月号で公開されます。


プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)