メインカラムの始まり

[プレスリリース]
思春期特発性側彎症(AIS)発症に関連する遺伝子「GPR126」を発見
—AISの発症機構の解明、新たな治療法の開発への突破口に—

研究医療
2013/05/13  独立行政法人理化学研究所
慶應義塾大学医学部

理化学研究所(理研、野依良治理事長)と慶應義塾大学医学部整形外科脊椎外科研究グループ(松本守雄准教授ら)は、思春期特発性側彎症(AIS:Adolescent Idiopathic Scoliosis)の発症に関連する新たな遺伝子「GPR126」を発見しました。これは、理研統合生命医科学研究センター骨関節疾患研究チーム池川志郎チームリーダー、稲葉(黄)郁代研究員と、側彎症臨床学術研究グループ(松本守雄准教授ほか)、京都大学再生医科学研究所 生体分子設計学分野(開祐司教授、宿南知佐准教授)他との共同研究グループによる成果です。

側彎症(そくわんしょう)は背骨が横に曲がる疾患です。神経や筋肉の病気、脊椎の奇形などの既知の原因で起きるものもありますが、多くは原因が特定できない特発性側彎症というタイプです。特発性側彎症の中で最も発症の頻度が高いのが、思春期に起きるAISで、日本人の約2%にみられます。AISの発症には遺伝的要因が関与すると考えられ、世界中で原因遺伝子の探索が行われてきました。理研骨関節疾患研究チームと慶應義塾大学医学部整形外科脊椎外科研究グループは、ゲノムワイド相関解析を行い、AISの発症し易さ(疾患感受性)を決定する遺伝子「LBX1」を2011年に世界に先駆けて発見しました。今回、共同研究グループは患者数を増やして段階的な相関解析を行ない、新たなAIS 感受性遺伝子GPR126の同定に成功しました。

稲葉研究員らは、まず日本人のAIS患者と対照者、約2,500人の集団について、ヒトのゲノム全体をカバーする55万個の一塩基多型(SNP)を調べました。その結果、AISと強い相関を示したいくつかのSNPに対して、別の約25,000人の日本人集団を用いて相関解析を行いました。これらの結果、AISの発症と非常に強い相関を示すSNPが6番染色体上に見つかりました。このSNPとAISの相関は、中国人と欧米人の集団を用いた同様な相関解析でも確認できました。さらに、このSNPは、軟骨に強く発現するGPR126(G protein-coupled receptor 126)という遺伝子の領域内に存在し、この遺伝子の機能を阻害すると骨化が遅延することを発見しました。

本研究では、世界で初めて、複数の人種でAISに関連する遺伝子を発見しました。共同研究グループでは現在、AISのオーダーメイド医療に向けてゲノム情報を基にしたAISの診断、予測モデルの作成に着手しています。また、GPR126の機能とAIS発症の経路をさらに詳しく調べることで、分子レベルでAISの病態の理解が進み、新しいタイプの治療薬の開発が期待できます。

本研究成果は、科学雑誌『Nature Genetics』に掲載されるに先立ち、オンライン版(米国時間5月12日付:日本時間5月13日)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)