メインカラムの始まり

[プレスリリース]
前白血病状態の細胞からiPS細胞を樹立
—白血病発症のメカニズムの解明、新薬・早期診断法開発に期待—

研究医療
2012/11/28  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部血液内科の中島秀明准教授の研究グループ(櫻井政寿医学研究科助教、岡本真一郎教授)は、慶應義塾大学医学部循環器内科(湯浅慎介講師、福田恵一教授)、広島大学原爆放射線医科学研究所ゲノム疾患治療研究部門(原田浩徳講師)、弘前大学医学部小児科(伊藤悦朗教授)、東京大学医科学研究所(海老原康博助教, 辻浩一郎准教授)との共同研究で、白血病を高い率で発症する家族性血小板異常症(以下FPD)とよばれる稀な遺伝性疾患からiPS細胞を樹立することに成功しました。
急性白血病(以下、白血病)は骨髄中にある未熟な血液細胞が腫瘍化する病気で「血液のがん」ともよばれます。さまざまな遺伝子や染色体の異常が引き金になり発症することがわかっていますが、その詳細なメカニズムは不明でした。また、これまで、白血病発症のメカニズムに関する研究は主にマウスなどの動物モデルを用いて行われており、ヒト細胞を用いた研究はその難しさからほとんど行われていないのが実情です。FPD家系はRUNX1とよばれる白血病発症に重要な遺伝子に先天性変異があり、高い確率で白血病を発症することが知られています。すなわちFPD患者の血液細胞は前白血病状態にあるものと考えられます。このためFPD患者の血液細胞を調べることで白血病発症の詳しいメカニズムが明らかになると考えられますが、FPDは全世界で約30家系しか報告がなく解析が極めて困難でした。
本研究グループは国内の3つのFPD家系からiPS細胞を樹立し、その機能解析を行うことに成功しました。樹立した3種類のiPS細胞はいずれも血液細胞への分化が障害されており、これが白血病発症の基盤になっていることが考えられました。解析をさらに進めることにより白血病発症の詳細なメカニズムが明らかになるだけでなく、白血病に対する新薬・診断法の開発が飛躍的に進むことが期待されます。
本研究成果は、平成24年12月8日から米国アトランタで開催される米国血液学会総会で発表されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)