メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脳梗塞を悪化させる新規メカニズムを発見

研究医療
2012/05/21  慶應義塾大学医学部
科学技術振興機構(JST)

JST 課題達成型基礎研究の一環として、慶應義塾大学の七田 崇(シチタ タカシ)助教、吉村 昭彦 教授らは、脳梗塞後の炎症反応を引き起こす脳内因子を新たに発見し、この脳内因子の活性を抑えると梗塞領域が縮小し、神経症状が改善することを世界で初めて確かめました。
脳梗塞は罹患率(約96万人)、および死亡率が高い(年間死亡者数:約7万人)非常に重大な疾患ですが、治療法は発症直後の血栓溶解療法など依然として限られています。従って、治療開始可能時間の広い治療法が必要とされています。近年、脳虚血後の炎症反応が神経症状を悪化させたり、脳梗塞領域を拡大させたりすることが注目されています。しかしその炎症のメカニズムはまだ十分に明らかになっておらず、また治療への応用も進んでいません。
本研究グループは、脳梗塞後のマウスの組織中にペルオキシレドキシン(peroxiredoxin:Prx)が多量に産生されて、細胞外へ放出されていることを発見し、Prxが脳内に浸潤した炎症細胞を活性化することにより炎症を引き起こして、脳梗塞領域の拡大、神経症状の悪化につながることを証明しました。さらに、脳虚血を起こしたマウスにPrxの作用を中和する抗体を投与すると、梗塞領域が縮小し、神経症状が改善されることも明らかにしました。Prxは、これまで細胞を保護するたんぱく質と考えられていましたが、今回の研究により脳細胞が細胞死に至ると、脳梗塞を悪化させるたんぱく質になることが分かりました。
本研究によって、脳梗塞における新たな炎症メカニズムが判明しました。Prxの細胞外への放出は、人の脳梗塞患者の脳内においても報告されていることから、Prxを標的とした治療法開発につながる可能性があり、脳卒中医療に役立つことが期待されます。
本研究成果は、2012年5月20日(英国時間)の英国科学雑誌『Nature Medicine』オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)