メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ビタミンEの過剰摂取は骨粗鬆症を引き起こすことを発見
—骨の健康にも配慮した適量な摂取を—

医療研究
2012/03/05  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部腎臓・内分泌・代謝内科の研究グループ(竹田秀医学部特任准教授、伊藤裕教授ら)は、東京医科歯科大学、東京大学、大阪医科大学らの研究グループと共同で、ビタミンEの骨代謝における役割を解明しました。
従来、ビタミンE は抗酸化作用を有することから、アンチエイジング効果があると考えられるため、人気が高く、特に米国では全人口の10%以上の人がサプリメントとして服用しています。今回、ビタミンEの摂取過剰で骨粗鬆症を発症する危険があることを世界で初めて明らかにしました。今後、骨の健康の維持にも留意したビタミンE の摂取量の策定も望まれます。
本研究成果は、米国科学誌「Nature Medicine」オンライン版に2012年3月4日(米国東部時間)に掲載されます。本研究は、最先端・次世代研究開発支援プログラム(NEXT Program)、科学研究費補助金、グローバルCOE プログラムなどの助成によって行われました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)