メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学文学部 公開シンポジウム「大震災と人の尊厳」開催
-被災された人々の生と死 そして3.11 以後の人々の生活-

教育研究
2011/12/14  慶應義塾大学

慶應義塾大学文学部は、総合科目「人の尊厳」・山本敏夫記念文学部基金による、公開シンポジウム「大震災と人の尊厳-被災された人々の生と死 そして3.11以後の人々の生活-」を12月22日(木)、日吉キャンパスにて開催いたします(入場無料、申込不要。どなたでもご参加いただけます)。
気仙沼で被災した塾生、および慶應義塾南三陸支援プロジェクトの現地コーディネーターの塾生も登壇し、震災に関わる人々の生活と想いを踏まえ、現状と復興への取り組みについてパネリストと共に考えます。ぜひ、イベント欄への掲載、およびご取材をお願いいたします。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)