メインカラムの始まり

[プレスリリース]
第693回三田演説会 鈴木 孝夫 慶應義塾大学名誉教授による講演
「日本の対外言語戦略について-言語力こそ日本を守る『武器』だ-」11/30開催

総合
2011/11/14  慶應義塾

慶應義塾では、「日本の対外言語戦略について-言語力こそ日本を守る『武器』だ-」と題し、鈴木 孝夫 慶應義塾大学名誉教授による「第693回三田演説会」を11月30日(水)に開催します。
超大国はローマ、古代中国以来、必ず足を三本もっています。ずば抜けた経済技術力と強大な軍事力、そして広大な地域を支配する言語力の三つです。日本は超大国とよく称されますが、武力を欠き経済技術のみが強大で、言語力は自国語の国際支配力はゼロで、自国からの情報発信もなきに等しい一本足のカカシ的な不安定な状態です。これをいかにして早急に改めるか、そのための「ことばこそ武器」という意識革命の必要性について講演いたします。
是非、イベント欄への掲載、およびご取材をお願いいたします。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)