メインカラムの始まり

清家塾長 フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章

 
2016/01/19  慶應義塾

1月18日、清家篤塾長がフランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」を受章しました。これは、フランスの高等教育機関等との学生交流や学術研究などにおける連携への功績が高く評価されたことによるものです。

叙勲式は在日フランス大使館にて開催され、ティエリー・ダナ駐日フランス大使による祝辞ののち、清家塾長がスピーチを行いました。
その中で清家塾長は、今回の受章は個人ではなく慶應義塾のフランスへの貢献に対するものであるとし、関係する方々への感謝の言葉を述べるとともに、日仏両国で進められている「イノベーション・インターンシップ」の取り組みにおいて、慶應義塾が特別なパートナーとしてプログラムの発展に積極的に協力していくと意気込みを語りました。
慶應義塾では、現在フランスのさまざまな高等教育機関と全学的な協定や学部、研究科間での協定を締結しており、ダブルディグリー・プログラムも数多く運営しています。今後はさらにそれらの内容を充実させることを目指します。

レジオン・ドヌール勲章はナポレオン・ボナパルトによって1802年に創設されたフランス最高位の勲章で、さまざまな分野における民間人の「卓越した功績」を表彰しています。
ダナ駐日フランス大使と清家塾長
▲ダナ駐日フランス大使と清家塾長
スピーチを行う清家塾長
▲スピーチを行う清家塾長

乾杯の様子
▲乾杯の様子
会場の様子
▲会場の様子
撮影:竹松 明季