メインカラムの始まり

文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(センター・オブ・イノベーション COI STREAM)」に採択される

 
2015/02/18  慶應義塾

慶應義塾大学の村井純環境情報学部長、田中浩也環境情報学部准教授ら12名の教員が参加する研究プロジェクト「感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点」が、文部科学省・科学技術振興機構による「革新的イノベーション創出プログラム(センター・オブ・イノベーション COI STREAM)」に採択されました。
これは、明治大学が中核機関となりCOI-T(トライアル)拠点として平成25年度より活動していた「感性に基づく個別化循環型社会の創造」の成果が認められたものです。COI拠点に関しては、慶應義塾大学が中核拠点となり、慶應義塾大学と明治大学を中心機関、関西学院大学と山形大学をサテライト機関として実施します。
慶應義塾大学では同メンバーによる「ファブ地球社会コンソーシアム」の設立を準備しており、研究活動と同時にその産業化へ向けての取り組みを活発化させる予定です。

  • 研究成果展開事業 科学技術振興機構(JST)ウェブサイト
    センター・オブ・イノベーションプログラムにおけるトライアル課題の評価結果について
  • http://www.jst.go.jp/coi/hyoka/trial_h26.html外部サイトへのリンク

拠点名 感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造
プロジェクトリーダー 松原健二(株式会社ロングフェロー)
研究リーダー 村井 純(慶應義塾大学)
中心機関 慶應義塾大学、明治大学(中核機関は慶應義塾大学)
サテライト機関 関西学院大学、山形大学
概要 感性とデジタル製造が直結し、生活者の創造性が拡張されるファブ地球社会の実現を目指す。ファブ地球社会とは、必要とする全ての人が、自らの感性に基づいて欲しいモノや必要なモノを可視化・デザイン・創作することができる個人の多様性を尊重した社会であり、そのために必要な工夫やノウハウを、インターネットを通じて流通・共有することで、自己充実感や成長感、達成感、連帯感に満ちた生活を送ることができる持続可能な社会である。ファブ地球社会を実現するため、1.感性とデジタル製造を結びつける技術、2.超材料技術、3.製造、流通、管理のための仕組み、4.共創型の社会展開と普及・啓蒙、5.社会実装への制度設計、に取り組む。