メインカラムの始まり

文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に世界レベルの教育研究を行うトップ大学として採択される

 
2014/09/26  慶應義塾

慶應義塾大学は、このたび、文部科学省の平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」事業に、世界レベルの教育研究を行うトップ大学(タイプA)として採択されました。

「スーパーグローバル大学創成支援」事業は、徹底した国際化と大学改革を断行する大学を重点支援することにより、我が国の高等教育の国際競争力を強化することを目的として、今年度から新たに実施されます。

具体的には、世界レベルの教育研究を行うトップ大学(タイプA)と、先導的試行に挑戦し、我が国の大学の国際化を牽引する大学(タイプB)が公募され、慶應義塾大学は、トップ型13大学のうちの1校として選定されました。

文部科学省ウェブサイト 
平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」採択構想の決定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/26/09/1352218.htm外部サイトへのリンク

慶應義塾大学 構想調書(PDF/1.39MB)外部サイトへのリンク

構想の概要は以下のとおりです。

区分 タイプA:トップ型
プログラム名 「実学(サイエンス)」によって地球社会の持続可能性を高める
構想のキーワード 長寿社会、国際研究発信力、高度国際人材育成、文理融合、産学連携
構想責任者 國領 二郎(慶應義塾常任理事)
概要 平成26年度に選定された“「実学(サイエンス)」によって地球社会の持続可能性を高める”は、慶應義塾の建学精神に則り、実学によって地球社会の持続可能性を高めるための文理融合研究を進め、国際的な学術コミュニティーや産業界との連携を強化しつつ、慶應義塾の持ち味を生かして、世界に貢献し国際評価を高めていく。具体的には「超成熟社会の持続的発展」の統合課題の下、「長寿(Longevity)」、「創造(Creativity)」、「安全(Security)」の3つのクラスターを構築する。これを進めるために常設組織として「スーパーグローバル事業本部」を設置し、クラスターに全学のリソースを結集させ、世界で引用される英語論文や、国際共著論文などを飛躍的に増大させる。また、このクラスター制度の上にクロス・アポイントメント制、テニュアトラック制、年俸制といった人事制度や、海外副指導教授制、英語のみによる学位取得コースといった教育制度を大きく拡充して、国際発信力を高めるとともにサイテーションやレピュテーションなどで測られる教育と研究に関する大学の国際的評価を高める。さらに、学長のリーダーシップとガバナンスを強化すべく、グローバルアドバイザリーカウンシルといった国際諮問制度などを拡充し、学長が機動的に配分できる学長裁量基金を設け、改革を促進する。
これらの改革を学長のリーダーシップによって進め「世界のトップ研究大学」に向かう取組である。
目的・必要性 慶應義塾は、教育・研究・医療を通じて日本の経済成長、近代化に大きく貢献をしてきた。本構想においては、先進国の中で我が国が最も早く直面しており、近い将来世界的にも直面するであろう「超成熟社会の持続的発展」という課題を今後10年間の学部・研究科横断的重点課題分野として定め、全学の知を結集させ、世界的に発信する。より具体的には、理工学、生命科学、医学等の自然科学の分野と、社会・人文科学系の分野における国際的に競争力ある慶應義塾の研究教育プログラムを「長寿(Longevity)」、「創造(Creativity)」、「安全(Security)」の「クラスター」に集結させた上で、より一層深化させ、国際的発信力強化に取組む。また、研究力のさらなる向上を目ざすために、国際標準を念頭に置いた教育活動を、初等中等教育段階の一貫教育校から開始する。世界を舞台に活躍できる次期リーダーを、質の上でも量の上でも、これまで以上に国際社会に輩出し、創立者の教育理念でもある「実学」の精神に基づいた、革新的な社会システムを世界に提案できる学塾として、世界の発展に貢献する。その結果として、国際的に参照されることの多い大学ランキングで世界の上位100位以内に安定的に入る。