メインカラムの始まり

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会連携協定を締結

 
2014/06/27  慶應義塾

慶應義塾大学は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向け、それぞれの資源を活用してオリンピック教育の推進や大会機運の醸成等の取り組みを進めるため、一般財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との協定を締結しました。

6月23日、全国の協定大学・短期大学552校からの関係者が参加する「連携協定締結式」が早稲田大学大隈記念講堂で開催され、慶應義塾からは駒村圭吾常任理事が参加しました。

慶應義塾は今後、さまざまな形での連携協力に向けての検討を進めるとともに、主会場となる国立競技場に隣接する信濃町の慶應義塾大学病院は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのいわば後方支援的病院として、特に積極的な連携協力を検討する予定です。
協定書
▲協定書