メインカラムの始まり

久保田万太郎没後50年

 
2013/05/02  慶應義塾

小説家、劇作家、俳人として活躍した慶應義塾出身の文人、久保田万太郎が、1963(昭和38)年5月6日に73歳の生涯を閉じてから、まもなく50年となります。

久保田万太郎は逝去する前年の1962(昭和37)年に、没後の著作権を慶應義塾に贈与しそれをもとに久保田万太郎記念資金が発足しました。その資金により、文学部では現在でも久保田万太郎記念講座として「現代芸術」・「詩学」が開講されています。

三田キャンパスの図書館旧館脇の「文学の丘」には、久保田万太郎の没後10年にあたる1973(昭和48)年に建てられた句碑があり、小山内薫を偲んだ句「しぐるゝや 大講堂の赤れんが」が刻まれています。
▲久保田万太郎句碑
▲文学の丘