メインカラムの始まり

2012年度 港区民大学「アメリカ大統領とは誰か?」開催

 
2012/10/10  慶應義塾

10月6日(土)・27日(土)、慶應義塾大学の公開講座『港区民大学』が三田キャンパスで開講されています。港区スポーツふれあい文化健康財団との共催で、今年度のテーマは「アメリカ大統領とは誰か?」です。第1日目の10月6日には、港区関係者(港区在住者、在勤者、在学者)と慶應義塾関係者(学生、卒業生、教職員)からおよそ140名の受講者が集まりました。

第1回目は、「リンカーンの 21世紀」と題し、今回の港区民大学コーディネーターも務める巽孝之慶應義塾大学文学部教授が講演しました。第16代アメリカ大統領のリンカーンについて、貧しい生い立ち、国政に進出する成功話、有名なゲティスバーグ演説、そしてアメリカ大統領として初めて暗殺された事件などが取り上げられ、受講者は、説明を聞きながら豊富な資料や映像に見入っていました。

引き続き行われた第2回目は、「アメリカ大統領と南部」と題し、 奥田暁代慶應義塾大学法学部教授が講演しました。過去のアメリカ大統領選挙における共和党、民主党の勢力分布の変遷を辿りながら、党の南部戦略を見ていきました。また来月に迫るオバマ大統領とロムニー候補のアメリカ大統領選挙にも触れ、受講者は熱心に耳を傾けていました。

港区民大学は、27日(土)も以下のとおり講演を行います(事前登録制)。

慶應義塾関係者(学生、卒業生、教職員)申し込み先
http://www.keio.ac.jp/ja/event/201210/kr7a4300000ass0d.html
港区関係者(港区在住者、在勤者、在学者)→申し込みはすでに終了しました。

第3回 10/27(土)
9:30~10:45 「現代アメリカの社会・メディア・政治」
生井英考(立教大学社会学部教授)

第4回 10/27(土)
11:00~12:15 「アメリカ憲法と大統領:その仕組みと歴史」
阿川尚之(慶應義塾常任理事・総合政策学部教授)
巽孝之文学部教授による講演
▲巽孝之文学部教授による講演
講演の様子
▲講演の様子

講演の様子
▲講演の様子
奥田暁代法学部教授による講演
▲奥田暁代法学部教授による講演
撮影:井上 悟