メインカラムの始まり

平成23年度 大学9月入学式(学部・大学院)~GIGAプログラム1期生も入学~

 
2011/09/20  慶應義塾

平成23年度の大学9月入学式が、9月16日(金)に日吉記念館にて、学部(別科・日本語研修課程を含む)、大学院合同で挙行されました。今年度、9月入学者数は、 学部(別科・日本語研修課程を含む)合計132名(法学部1名、総合政策学部7名、環境情報学部27名、別科・日本語研修課程97名)、大学院修士課程合計108名(文学研究科5名、経済学研究科2名、理工学研究科43名、政策・メディア研究科39名、システムデザイン・マネジメント研究科5名、メディアデザイン研究科14名)、大学院後期博士課程合計32名(理工学研究科23名、政策・メディア研究科8名、メディアデザイン研究科1名)でした。
また、本年は東日本大震災の影響等により4月の大学院入学式を延期し、9月入学者との合同開催にしたため、4月入学者1847名(修士課程1350名、博士課程268名、専門職学位課程(法務研究科)229名)も合わせての式典となりました。

式は、長谷山彰常任理事の学事報告に続き、清家篤塾長による式辞がありました。その後、教職員代表の高野研一システムデザイン・マネジメント研究科教授による祝辞、新入生代表の環境情報学部の田中かおり君による入学の辞がありました。田中君は、「信念を持って、仲間とともに大学生だからこそ取り組めることを自ら考え、行動していきたい。希望を常に持ち、これからの日本を私たちが作っていけるように大学で学んでいきたい」と力強く思いを述べ、会場には大きな拍手が起こりました。最後に塾歌を一同で斉唱、式典は終了しました。秋学期は留学生も多いため、式辞や祝辞は英語を交えて行われ、グローバルな学塾を実感する式となりました。


今年9月から、慶應義塾大学の学部では初めての試みとなる、コアとなる授業はすべて英語で提供され、卒業に必要な単位を英語のみにより修得することができるGIGA外部サイトへのリンクプログラム(Global Information and Communication Technology and Governance Academic Program)が環境情報学部で開始されます。このプログラムを選択して入学した新入生も、早速22日から湘南藤沢キャンパスで学生生活をスタートさせます。
残暑厳しい中、多くの学生が出席
▲残暑厳しい中、多くの学生が出席
4月入学の大学院生も出席
▲4月入学の大学院生も出席

清家塾長式辞
▲清家塾長式辞
式辞に耳を傾ける留学生たち
▲式辞に耳を傾ける留学生たち

会場の新入生
▲会場の新入生
新入生代表の入学の辞
▲新入生代表の入学の辞

撮影:井上 悟