メインカラムの始まり

延世大学から東日本大震災に被災した在学生への義援金が贈られる

 
2011/05/11  慶應義塾

韓国の延世大学(金 漢中 総長)から、東日本大震災に被災した慶應義塾大学学生への義援金として約300万円が2011年4月28日、慶應義塾大学に贈られました。この義援金は被災した在学生への奨学金として活用されます。

清家塾長は延世大学の金総長に礼状を送付し、心からの謝意を伝えました。

延世大学と慶應義塾大学は1970年に交換協定を、2004年に包括協定を締結しており、長年にわたり学生(留学生)や教員の交換交流を行っています。
また、延世大学大学院と慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科とでダブルディグリー・プログラムを実施しているほか、2008年からは延世・香港・慶應義塾の3大学で3キャンパス合同東アジア研究プログラムという新しい形の派遣交換留学プログラムを開始するなど、延世大学は慶應義塾大学にとって最も交流の活発な大学の一つです。
なお、延世大学と慶應義塾大学は双方のキャンパスに相互にオフィスを設置しており、幅広い交流を行っています。