メインカラムの始まり

中等部体育館・プール建て替え工事地鎮祭

 
2010/03/02  慶應義塾

創立150年記念事業の一環である、中等部体育館・プール建て替え工事の地鎮祭が、2月26日(金)午前10時から、中等部の建設予定地にて行われました。

神事には清家篤塾長、斎藤慶典中等部長をはじめとした義塾関係者、設計、施工者である(株)フジタ、扶桑電気(株)、三建設備工業(株)などが列席し、鍬入之儀、玉串奉奠などが厳粛に執行され、引き続いて直会が行われました。

新しい建物にはアリーナ、中体育室、小体育室、プール、多目的コート等が備えられ、中等部の体育教育・課外活動の、より一層の環境向上を図ります。竣工は、2011年2月の予定です。(建設地から発見された埋蔵文化財の発掘調査のため、当初の竣工予定2010年9月から変更になりました。)
鍬入之儀(清家塾長)
▲鍬入之儀(清家塾長)
直会
▲直会

建設予定地
▲建設予定地
完成予想模型
▲完成予想模型

撮影:井上 悟