メインカラムの始まり

クラウス・シュテルン氏に対する慶應義塾大学名誉博士称号授与式、記念講演開催

 
2009/09/28  慶應義塾

9月24日午後1時40分から、三田キャンパス北館ホールにて、ドイツ連邦共和国ケルン大学教授クラウス・シュテルン氏に対する慶應義塾大学名誉博士称号授与式が行われました。

クラウス・シュテルン氏は、ドイツを代表する憲法学者であり、その研究はわが国の憲法学に対しても多大な影響を与えるとともに、1987年の初来日以来、日独の学術交流に尽力されてきました。シュテルン氏の卓越した学術的功績と日本との学術交流に対する多大な功績、また慶應義塾大学とケルン大学との間の多年の学術交流に対する貢献に基づき、同氏に慶應義塾大学名誉博士の学位が授与されました。

授与式では、ワグネル・ソサィエティ女声合唱団のコーラスのなか、シュテルン氏が入場、小山剛法学部教授の司会のもと、国分良成法学部長が推薦文を朗読しました。続いて、清家篤塾長がシュテルン氏に名誉学位記を授与し、式辞を述べました。それに応えてシュテルン氏は、日本語で挨拶を行い、慶應義塾への謝意を述べました。

閉式後、同会場にて、シュテルン氏により「憲法と文化国家—憲法学的および憲法政策的スケッチ」と題した講演が行われ、塾生、慶應義塾関係者、その他の参加者など多数が熱心に聴講しました。
清家塾長から名誉学位記を授与
▲清家塾長から名誉学位記を授与
名誉博士称号授与式
▲名誉博士称号授与式

シュテルン氏による講演
▲シュテルン氏による講演
講演に聴き入る塾生
▲講演に聴き入る塾生

撮影:石戸 晋