ヘッダーの始まり

本文の始まり

このページでは、在学生・卒業生・教職員が慶應義塾の魅力を語る『Across Keio』の過去のコンテンツを掲載しています。

※所属は取材時のものです。

Across Keio

Where People and Possibility Converge

2018年10月公開

2018年3月公開

2017年11月公開

2017年5月公開

2016年12月公開

2016年6月公開

  • ダイバーシティを以て学びを深める

    慶應義塾には、多様性に満ちた学生や教授が集まっています。そのため、留学生もいれば現役社長や研究者もいるといった環境の中で、実践的かつユニークな学びの場が形成されています。本人の意志さえあれば、さまざまな人達との交流や充実した学習インフラを通じて、表面的な知識以上の学びが得られます。

    経営管理研究科
    上保 博輝

    Keioのオススメ

    • 人材交流を通じた学びの深耕
    • 人的ネットワークの構築
    • 古いものから新しいものまで、多くの蔵書やデータベースにアクセスが可能
  • A Launchpad for Future Innovators

    With access to cutting-edge research facilities and a state-of-art manufacturing center, students at Yagami Campus can get a head start investigating innovative ideas. Whatever their major, future innovators get the help they need to take their projects to the next level with endless assistance from Keio’s professors.

    Graduate School of Science and Technology
    Minh Doan

    • Beautiful Yagami and Hiyoshi campuses, especially during hanami season
    • Build your own experiment from scratch at the Yagami manufacturing center
    • Strong support from Keio for presenting your research at international conferences
    • Opportunities to gain real-world experience through internship programs
  • たて・よこの強いつながり

    慶應義塾の一員というだけで、年代や学部を問わず仲間意識が芽生えます。塾生に対していつでもwelcomeな雰囲気があり、様々な分野でご活躍されている先輩方がいらっしゃってとても心強いです。

    医学部
    小川 優里奈

    Keioのオススメ

    • 独立自尊の精神
    • 文武両道
    • 多種多様な課外活動
  • 人と人との「結び」:繋がる力が生み出す世界

    慶應義塾は、望めばどんな分野でも誰とでも繋がることができる場所です。学内では多様な特技をもつ学生や学際的な知識を持つ多くの教授陣、さらには三田会を通じて紡がれた、世界中のOBやOGとの繋がりを活用することが可能です。 人が交わり生み出す力、これを使えば私達はどんな高みへも向かえると私は思います。

    理工学部 システムデザイン工学科
    原田 大毅

    Keioのオススメ

    • 理工学部では、学門選択で大学での講義の経験を踏まえて、専攻を選べる
    • 自分の好きをとことん追求できる
    • 望めばどんな分野でも得られる人の繋がり
  • Multiculturalism with Cutting-edge Research

    When I arrived in Japan, I did not fully know what the research environment would be like in my chosen laboratory, but since I’ve arrived, I’ve had the chance to work together with people from five different countries both in the lab and in my classes.

    Alumnus, Graduate School of Science and Technology
    Patrick Beiring

    • The many different nationalities represented at each of Keio’s campuses
    • The beautiful work environments at each of the campuses
    • The many opportunities to get in touch with Japanese culture, either in the laboratory or through the extracurricular activities organized by Keio
  • 成長の糧となる「出会い」を与えてくれる場所

    塾生生活を通じて得たものは、たくさんの素敵な「出会い」です。夢や目標に向かい、挑戦を続ける友人たち。授業を通して、新しい発見をもたらしてくれる日本屈指の教授陣。学業や課外活動を応援し、親身になって相談に乗ってくださる先輩方。日々刺激を与えてくれる出会いやつながりが、私の原動力になっています。

    法学部政治学科
    反保 真優

    Keioのオススメ

    • 多様なバックグラウンドを持った志の高い仲間と学べる
    • 互いの個性を尊重しながら、協力し、高め合える
    • 学部の垣根を超えて、幅広い学問に触れられる
    • 部活やサークルなどの課外活動にも、情熱を持って打ち込める環境
    • 縦のつながりが強い
  • ライバルの存在

    「早稲田なくして慶應義塾なし」。野球、レガッタ、ラグビーをはじめとして、ストリートダンスからお酒造りまで、スポーツ以外にもあらゆる分野で最高峰の対決が繰り広げられています。早稲田に対するライバル心燃える人々の闘いを、その眼で見て、肌で感じてみてください。きっと、いつもと違う自分に気づくはずです。

    商学部
    和田 健

    Keioのオススメ

    • 三田祭、七夕祭、早慶戦…慶應義塾にはお祭りがいっぱい
    • 小さな子どもからお年寄りまで全員がひとつになれる気風
    • 身近にアスリートがいる環境
  • Aiming to be a physician-scientist with world-class clinical experience

    While studying clinical medicine for seven years in China, I saw many patients suffering from incurable illnesses. I decided to major in pathology, the field that bridges basic and clinical medicine, to deepen my knowledge of cancer. After looking into the integrated basic and clinical medicine and medical care programs at some universities, I decided to enter Keio University because the program at Keio’s Graduate School of Medicine was the most interesting to me and offered everything I was looking for. I got good results from the research project I carried out over the past two years and these were well-received when I presented the outcomes at the Annual Meeting of the Japanese Cancer Association. I am continuing my research with the goal of becoming a physician-scientist in Japan. I learned that what is important is to first figure out what you want to do in the future and what you need to study to get there. The Keio University Hospital is in central Tokyo, and in fact is very close to the main venue for the Tokyo 2020 Olympics and Paralympics. Just like the athletes who will come from all over the world to chase their dreams, my fellow students and I are also singularly focused on our goals.

    Graduate School of medicine
    Menghan Yang

  • My career is supported by my “connections”

    For me, Keio University was a place that allowed me to focus on the road I wanted to take. It was a place that offered a lot of freedom while fully supporting me whenever I set off to learn something. After graduating, I went back to South Korea and got a job at a Japanese construction company. After three years there, I began to want to work more globally, so I started to look for jobs in Japan and Singapore. The really great thing about being a Keio Alumni while I was job hunting was the Mita-kai alumni network that exists all over the world. The chairperson of the Singapore Mita-kai introduced me to local companies. Singapore is a global country, but I felt stronger about the potential in the Japanese market, and finally decided to move to a global company in Japan. Tokyo is a city that fuses retro with digital, and is the coolest city in the world. I am very proud to work in this city. In the future, I want to work in Shanghai where our Asia base is located, and then in Sweden where our head office is based. Every day I am working hard to achieve these goals and I’m sure my Keio network will be a great asset going forward. I will always cherish my ties to Keio University.

    Alumna, Faculty of Business and Commerce
    Namhee Kong

  • 流れ続ける「若き血」

    「若き血」は慶應義塾を代表する応援歌です。
    早慶戦などの対抗戦だけでなく同窓会や決起会などの場でも必ず歌われ、お互いを応援し、勇気づけ合っています。慶應義塾の卒業生は、いつまでも目標を高くもち、活力に溢れた人が多い印象があります。「若き血」はいつまでも私たちの中を流れ続けていくでしょう。

    慶應義塾 ITC本部 職員・文学部卒
    竹内 連

    Keioのオススメ

    • 個人の意見や考えが尊重され、闊達に議論できる風土
    • 世代や上下関係の枠を超えた柔らかく温かい人間関係
    • 音楽等の芸術に造詣の深い人が多い
    • カレッジソング(塾歌・応援歌)
  • Growth through tea ceremony

    I chose to study at Keio University because of the all-English programs and because I could get a scholarship. In addition, I was particularly interested in studying at Shonan Fujisawa Campus (SFC) where I heard from a senior student that the professors there, some who are well-known, are truly passionate teachers. I was able to apply to the program from overseas and I think it's great how you can submit a self-introductory video instead of an interview. This helped me properly convey my thoughts and enthusiasm for wanting to study at SFC. I am making progress with my research in my major field, architecture, and I am learning a lot in the tea ceremony club. In the beginning, I couldn’t speak any Japanese, but with the help of my friends, by the time of the university festival, I was able to serve tea to the guests. Now, I am looking forward to getting a tea ceremony qualification, which can be gotten after practicing it for four years. At Keio, you have to be proactive and find opportunities for yourself. However, by doing this, you will meet so many different people and I think these are the most valuable life experiences.

    Faculty of Environment and Information Studies
    (Global Information and Governance Academic (GIGA) Program)
    Izzatur Wulansari

  • 温故知新の学

    慶應義塾には、温故知新という言葉が良く合うと思います。慶應義塾の古く、伝統ある歴史のなかで培われた学び。同時に常に新しきを求め、時代に合った先端の学び。その双方を学べる場です。

    法学部 政治学科
    竹本 健次

    Keioのオススメ

    • 人脈が広がる。学生のレベルが高く、多様性に富んでいる
    • 長い歴史
    • 伝統に裏打ちされた塾生各々の自信や誇り
  • ボーダーを超えるフィールド

    多様性ある空間で人がどう交わるべきかを研究テーマにし、SFC向けのメディアの運営や宿泊研究施設の運用に関わってきました。これまでにないものを生むには、これまでにないつながり方が必要だと考えています。仲間と語り合い、心の中にある限界への境界線を取り払うことが、僕の新たな挑戦への原動力を生みます。

    総合政策学部
    石井 大智

    Keioのオススメ

    • 起業をはじめ、世の中にないことをはじめようとする人が多いこと
    • 人のつながりを大切にする人が多いこと
    • 困難と戦うことを楽しめる環境と仲間がいること
  • 志高い仲間に出会える

    私の周りには、資格勉強、留学、部活動など多様な活動に熱心に取り組んでいる友人が多く、彼らから日々刺激を受けながら大学生活を送ることができています。また、慶應義塾には充実した制度や施設、応援してくれる仲間がいて、自分のやりたいことに果敢に挑戦できる環境があるのも大きな魅力です。

    商学部
    足立 圭輔

    Keioのオススメ

    • 緑豊かで居心地のよいキャンパス
    • サークル活動等を通じて他学部の学生とも交流できる
    • サークル、部活動の豊富さ
    • 卒業生とのつながり
  • The Perfect Fuel to Never-Ending Dreams

    Keio has been both a motivation as well as a path to satisfying the never-ending craving within my dreams. Provided with a variety of course selections, Keio has always been my fuel for seeking direction within my life as well as for diving deeper into my research field.

    Faculty of Environment and Information Studies
    Minkyoung Cho

    • Exposure to a colorful environment that ranges from computer science, business, and biology, all the way to architecture and design
    • Seminars where one is able to have deep conversations with professors and mentors
    • Meaningful experiences that truly fuel your motivation and dreams day by day
  • 慶應義塾という流れの中で学ぶ

    年齢を超えた慶應義塾でのつながりは、総合大学ならではの多様性を持ち、刺激的で、私の成長の糧となっています。偉大な先輩方から続く慶應義塾の歴史の中で、多くの学生が他から吸収し己を高め、新たなステージへ飛び立とうとしています。このつながりの"強さ"が慶應の強みだと思います。

    薬学部薬学科
    土屋 智佑

    Keioのオススメ

    • 様々な考え、知識を持った友人、先輩・後輩達とのつながり
    • キャンパスの立地の良さ
    • サークル、部活などの学生団体が多数ある
    • 親身に相談に乗ってくれる学生課
  • 深掘りと俯瞰によって、深い理解は得られる

    人々の営みにおいて生み出される、書かれたテキストや語り、人工物の一つ一つを深掘りし、そしてそれを俯瞰することを通じてこそ、過去もしくは現代の世界と他者への理解は深まります。この姿勢は、情報が多すぎて迷ってしまう今の時代に必要とされています。

    文学部 図書館・情報学専攻 教授
    池谷 のぞみ

    Keioのオススメ

    • 自由闊達に学びを共にできる仲間
    • 知の宝庫である図書館
    • あなたの研究の頼れる伴走者である教員
    • 研究を通じて卒業論文にまとめる経験
  • 法と政治を語学から切り開く

    大学では、社会における意思決定能力を身につけることはもちろんですが、その意思を伝達する術を知ることも重要です。私の所属する法学部には、そのために外国語インテンシブコースがあります。法律・政治を専門的に研究しながら、多言語でその理解を深めることができる。慶應義塾だからこそ実現し得る贅沢な学習環境です。

    法学部政治学科
    広瀬 航太郎

    Keioのオススメ

    • 種類豊富な学食、生協、メディアセンター(図書館)まで、何でも揃うキャンパスは一つの街のよう
    • 全ての講義が外国語で行われるGICセンターには、面白い科目が盛りだくさん!「武士道」の講義も
    • 一般生はもちろん、一貫教育校出身の学生、帰国生、留学生など様々なバックグラウンドを持つ仲間との出会い
  • 慶應義塾での学び

    慶應義塾大学では所属学部に縛られず様々なことが学べます。私は商学部生ですが、法学部法律学科のゼミに所属し、国際租税法に関して勉強しています。また、授業はたくさんある科目の中から興味のあるものを選べ、マーケティングや経営学、経済学などを深く勉強しています。まさに独立自尊を重視している学校だと言えます。

    商学部
    久野 祐輝

    Keioのオススメ

    • 先輩との絆が強い
    • 体育会活動やサークル活動が充実している
    • 各キャンパスに大きなメディアセンター(図書館)があり、勉強に最適な環境が整っている
    • 個性豊かで著名な教授が多く、毎日が刺激的
  • The Opportunity to Embrace New Challenges

    Keio University provides opportunities for me to challenge myself. Student life here is full of diverse people with passion and an excellent research environment that fosters interdisciplinary thinking. This inspires me to step out of my comfort zone to explore and create new things for the world.

    Graduate School of Media Design(KMD)
    Komkid Topoklang

    • Diverse community
    • Interdisciplinary curriculum
    • Beautiful campus
  • Innovative Ideas to Impact and Enrich Society

    The culture here at KMD focuses on social aspects to push the boundaries of education. By nurturing an interdisciplinary culture, students from various backgrounds work together to design and adopt new forms of media that impact our societies. Diversity here is a key to creating change.

    Graduate School of Media Design(KMD)
    MHD Yamen Saraiji

    • Keio's well-respected name and reputation across Japanese society and academia
    • Accessibility to advanced engineering research facilities
    • Constant support from the Office of Student Affairs ensures a high quality of life at Keio
    • Diversity of international students and teachers enriches the learning experience
  • 慶應義塾の魅力は仲間意識

    理工学部、理工学研究科(修士)卒業後、メーカーをいくつか経て慶應病院に戻って来ました。仲間意識が強く、学部の垣根を超えて協力できるのが慶應の魅力です。

    臨床研究推進センター 特任助教(有期)
    松岡 江美

    Keioのオススメ

    • 人材交流
    • 活気
    • イノベーティブな文化
    • 伝統
  • 偉大な先生の意思を受け継いで

    福澤諭吉先生の思想があってこそ慶應義塾大学を誇りに思っている自分がいます。福澤先生のように社会をリードし、自由独立な気風を促せるような人間に成長していきます。

    法学部政治学科
    山本 寛士

    Keioのオススメ

    • 偉大な思想家の意思を肌身で感じることができる
    • 留学や特別講演などの様々な機会があり、充実している
    • 多様性に富んだ学生や先生と触れ合い、切磋琢磨をすることができる
    • 自発的に行動を起こし、目標に向かって頑張れる環境が整っている
  • 卒業後に実感する繋がり

    ゼミやサークルなどのOB会や三田会などの活動が盛んであり、学生時代だけでなく社会人になってからも慶應義塾の一員であるということを実感できることは大きな魅力です。慶應義塾ほど繋がりを大切にする組織を他に知りません。

    理工学メディアセンター職員・文学部卒
    加藤 諒

    Keioのオススメ

    • みんな慶應が大好き
    • 学生・教員・職員の距離が近い
    • メディアセンター(図書館)の豊富な蔵書
  • 最前線の環境で学べる日々

    商学部・商学研究科では、実践的なフィールドで活躍されている教授陣から、学生と近い距離で、学問はもちろん日常の雑学なども教わることができます。専攻していない分野の教授にも、親身になって相談に応じていただくことが多いです。また、他では知れない企業のケーススタディを学べることも大きな魅力の1つです。

    商学研究科
    多田 伶

    Keioのオススメ

    • 豊富な教授陣!(自然科学分野〜商学専門分野まで)
    • 学生の多様性!(多くの留学生とも知り合うことができた)
    • 充実した課外活動!(運動系・文化系と豊富)
    • 交通アクセスが良好!(大学からどこにでも行きやすい)
  • Intellectual Environment for Work, Study, and Play

    SFC students can study anything, including economics, architecture, quantum computing, and cybersecurity, to name a few. There are clubs for almost anything imaginable, from the tea ceremony to the wind orchestra. Despite my lack of Japanese ability, I still feel accepted and able to further my education.

    Faculty of Environment and Information Studies
    (Global Information and Governance Academic (GIGA) Program)
    Korry Luke

    Keioのオススメ

    • SFC has a duck pond (kamoike) which is a great place to relax and read a book
    • You can meet people from around the world, make friends, and embrace other cultures
    • If you don’t know about something, there is almost always someone who knows and is willing to help
    • You can ask questions and take charge of your learning
  • 自分で未来をデザインする

    KBSは、MBAでありながら修士論文も求められます。実務に役立つことを学びたい、でも学術的なことも押さえておきたい、とバランス良く学ぶことも可能ですし履修科目によりどちらかに集中することも可能です。 教授陣も偏りがないので、自分の課題、研究、企業プレゼンに必要なアドバイスをもらっています。

    経営管理研究科
    望月 春香

    Keioのオススメ

    • 頑張っていると奨学金をもらえるチャンスがある
    • 教授陣のレベルが高い
    • 図書館の本が豊富で内容によっては購入希望を出せる
  • 誇れる場所で誇れることを

    湘南藤沢キャンパス(SFC)では、海外からの留学生、帰国子女が多く、日常生活の中にも英語が飛び交っています。
    芝生の上で太陽の光を浴び、SUBWAYサンドイッチを食べながら、幅広く自分のやりたいことを、すぐに実行に移すことを可能にする環境が整っている。慶應義塾で想像していた通りの理想の大学生活が送れています。

    総合政策学部
    板井 陽平

    Keioのオススメ

    • 全て英語で受講できる授業
    • 四季折々の自然豊かなキャンパス
    • 完全無料のスポーツジム
    • 刺激的な毎日(変人が多い)
  • 慶應義塾ならではの学び

    多種多様な人たちから生み出される、目からうろこな考えに触れられる環境。部活などを通して関わる多くの人たちとの出会い。慶應義塾での新鮮で刺激的な日々は、自分の思考の幅をぐっと広げてくれます。そのなかで培った独自の視点を持って薬学を追究できることは大きな強みだと思っています。

    薬学部
    武田 真実

    Keioのオススメ

    • 幅広い人間関係を築ける
    • アクセスの良い立地
    • 芝共立キャンパスから見える景色
  • An Academy for Masters of all Trades

    Keio University has a unique appeal. Students are granted the freedom to build a diverse academic portfolio through unrestricted course selection. This allows them to be actively involved in their programs and builds well-rounded candidates who are suited to work in several industries.
    Keio allows you the freedom to choose courses across programs. Many courses offer practical, hands-on work. And most importantly, Keio's faculty includes real-world industry professionals alongside world-class academic staff.

    Graduate School of Media and Governance
    Fahd Mohamed Omar Al-Guthmy

  • 日本に居ながら世界を感じる

    国際的な感覚を養うことが出来るのは何も留学に限らない。留学生寮では日本人学生がレジデント・アシスタントという形で住み込み、日々の生活をサポートする。彼らとの生活を通して見えてきた日本は、いたずらに不安を掻き立てる異国だった。異文化の壁を共に乗り越えて先に見える景色は、ここにしかない。

    環境情報学部
    宇野 勇気

    Keioのオススメ

    • 世界各国からトップクラスの留学生が集まる
    • 教員、職員、学生それぞれに根付く「半学半教」の精神
    • 留学に限らない国際交流活動の選択肢
  • 一生繋がりを持てる場所

    入学してからは塾生となり、卒業すると塾員と呼ばれる。そしてその繋がりは一生続き、広がり続ける。様々なフィールドで活躍する塾生、塾員は慶應義塾を通じてひとつになる。世界中のどこにいても。

    管財部(職員)・商学部卒
    花崎 裕子

    Keioのオススメ

    • 「若き血」を肩組んで歌う一体感
    • 六大学野球優勝時の神宮球場から三田キャンパスまでパレード
    • キャンパスごとに行われる個性豊かな学園祭(最大4日間実施)
  • 私学の中の私学で個性豊かな人々が紡ぐ塾縁は一生の宝

    塾生時代を全く語らなかった父が、高3の私に「慶應どう?私学の中の私学、行けばわかるよ。」とふと呟いた。気がつくと、私は日吉にいた。入学後、物理学だけでなく、近代日本と福澤諭吉、教職課程、体育実技などの私学らしい学びの機会の中で個性豊かな人々と出会い、今がある。次は、塾縁を、私学を、私が次に伝える番。

    システムデザイン・マネジメント研究科
    児玉 基

    Keioのオススメ

    • 塾生は、各自、他の塾生に負けない個性を必ず一つは持っている
    • 慶應義塾と福澤諭吉の存在意義を様々な角度から見つめ続ける福澤研究センターの授業
    • 半学半教の姿勢で、子ども達と共に学び続ける教員を育てる教職課程センターの授業
    • 多様な種目があり、技術指導レベルも高く、体育会の塾生・塾員とも交流できる体育研究所の授業
  • 独立の精神を学ぶ

    慶應義塾には、他人の評価や風潮に揺るがず、自らの脚で立ち続けるための独立の精神が流れています。良識と意志を兼ね備え活躍される義塾の先輩を標にしながら、挑戦の気概に溢れる友人と語り合う日々はとても爽快です。慶應義塾での学びは、自分の意見を持ち、正しいことを正しいと言える勇気の模索と共にあります。

    理工学部
    坂本 すみれ

    Keioのオススメ

    • キャンパスに満ちる、挑戦を応援してくれる空気
    • ユーモアとエネルギーに溢れた友人に出会える
    • 友達から友達が増えていくのびやかな交友関係
    • 矢上のメディアセンター(図書館)の居心地の良さ
  • 慶應義塾の魅力:グローバルで自由な空気が漂う学び場

    「日本語上手ですね〜」この一言を聞いた度に、褒められて嬉しいことだが、少し疎外感も感じた。義塾ならこんな話があまり聞こえない気がする。自由奔放でグローバルな雰囲気が溢れるキャンパス。様々な背景の人が集まる学びの場。何でも寛容な態度で接する人々。これこそグローバル人材育成に最適の環境だと私は思います。

    政策・メディア研究科
    李 哲源

    Keioのオススメ

    • 様々な素敵な人との出会い
    • 整備されている設備・施設
    • 古くから伝承されてきた良き精神
  • 社会で役立つ理論と実学を学べる知的刺激が溢れる場

    慶應義塾では日本屈指の教授陣からの講義やゼミを通じて学問の最先端に触れることができます。一方で、商学部のGPP(Global Passport Program)、メディア・コミュニケーション研究所など、実際に社会で活躍されている実務家の方々から指導を受けられる機会も豊富にあり、理論と実学の両方の知的刺激を得ることができます。

    法学部政治学科
    川嵜 悠吾

    Keioのオススメ

    • 学部・学科にとらわれず、幅広い学問分野を追究できる柔軟な履修システム
    • ハイレベルな少人数制講義の多さ
    • 留学生も多く、グローバルな雰囲気漂うキャンパス
    • 多種多様なサークル・部活・学生団体
  • Keio is a Bridge from My Dream to Realization

    There are dreams in my life which once I believed simply dreams. At Keio, I realized that I can make those dreams come true. It is my dream come true to be able to continue onto my PhD in an international environment within one of the highest-quality educational systems in the world. Keio is the bridge!

    Graduate School of Media and Governance
    Muriadi Arip

    Keioのオススメ

    • Make friends from different countries
    • Advanced educational system
    • Convenient facilities
    • Beautiful environment
  • 好きなことをもっと好きになれる

    慶應義塾には、好きな学問を好きなだけ研究できる環境が整っています。
    例えば、留学生でなくても、英語やドイツ語で開講される授業を受けることできたり、学部に関係なく、興味のある授業を履修することができたり。
    好きなことを色んな視点から考えることのできる場所が、ここにはあります。

    総合政策学部
    吉廣 恵理子

    Keioのオススメ

    • 湘南藤沢キャンパス(SFC)では100以上のゼミから好きなゼミを選べる
    • 開講言語や学部に縛られることなく授業を受けられる
    • 好きなことを研究している学生にたくさん出会える
  • 文明の炬火を点じ日本を先導する使命感

    演説館やレンガづくりの図書館旧館など、慶應には創立以来の精神を象徴するものが数多くあります。つまり、私は福澤諭吉をはじめ、数々の困難を乗り越え時代を先導してきたリーダーたちと同じ場所で学んでいるのです。そのため、彼らの意思を継ぎ、これからの日本を自分が先導するのだという強い使命感が育まれます。

    経済学部
    山口 耀広

    Keioのオススメ

    • 図書館には圧倒的な量の書籍があり、調べものに困らない
    • 他の大学より一歩踏み込んだ質の高い授業
    • 困ったときにすぐに相談できる職員のサポート体制
  • 学生の「自由」な学びで溢れる場所

    慶應義塾の中でも湘南藤沢キャンパス(SFC)は学生が心の赴くままに学びを追求できる環境です。とことん自由に、そして真摯に問題に対して向き合い、それぞれのやり方で解決を目指します。私の場合は、解決したい問題に向き合うための研究環境から自由に選択させてもらえて、充実した大学生活を送っています。

    環境情報学部
    野口 実結

    Keioのオススメ

    • 多様な価値観に触れられる
    • 学生と教員の距離が近く議論しやすい
    • 最先端の装置に触れながら学生生活を送ることができる
  • 「君」づけの伝統

    慶應義塾では、「先生」は創立者たる福澤諭吉先生ただひとり。たとえ教員であっても「君」づけです。
    誰しも最初は驚きますが、慶應の一員になればそのフラットな雰囲気が心地よくなること間違いなしです。

    総務部(職員)
    川野 広貴

    Keioのオススメ

    • 教員と塾生との距離が近いところ
    • 塾生が活き活きとしているところ
    • 塾員(卒業生)の面倒見がいいところ
    • 上下関係がゆるやかなところ
  • 自分の未来を切り拓く力を養う

    グローバル人材になるため、多様性を超越した環境の中で、独自のアイデアと行動力、リーダーシップを養わなければなりません。慶應義塾で私は体系的に経営を学び、多様な業界の社会人経験者と議論を交わす毎日を過ごしています。より良い持続可能な世界を創るために、その一助を担う人材になりたいと考えています。

    経営管理研究科
    周 世杰

    Keioのオススメ

    • 世界基準の教育品質と国際ネットワークを有している
    • 「実学の精神」に基づき、経営者目線で物事を捉え、考え、実行する
    • 「人間交際」
  • Keio, Foundation of My Leading Potential

    Being a Korean girl who lived in China for 11 years, I was able to find peace with my unique identity within the diversity of the Keio community. This institution helped me discover my potential and shaped me as a global leader. Thanks to Keio and Prof. Kokuryo, I am proudly ready to contribute to the world.

    Faculty of Environment and Information Studies
    Daum Kim

    Keioのオススメ

    • Diverse community where everyone can fit in
    • Kenkyukai seminar system for designing your concentration
    • Relationship with professors for a close and unique experience
    • Freedom of learning to raise the next generation of global leaders
  • Unique Accomplishments and Rich Resources

    Keio has a long history and the founder of Keio, who is on the Japanese 10,000-yen note, brought a new education system to Keio. And it is a brand that cannot be found anywhere. Keio also has one of the professors who brought the internet to Japan plenty of resources that we can use for free.

    Faculty of Environment and Information Studies
    (Global Information and Governance Academic (GIGA) Program)
    Mukhammad Diyor Urmonbekov

    Keioのオススメ

    • Rich resources which we can use for free, such as 3D printers, robots like Pepper and Nao, and high speed internet.
    • A fantastic brand with quality, high-level education
    • Excellent reputation in Japan in terms of good researchers
    • Students are prepared to find work after graduation
  • Harmony Between Study Time and Extracurricular Time

    Soon after I entered Keio University, I found myself sharing most of my time between the laboratory I belong to, classes, and the sports circle I joined. Even though overall the research is the most important aspect, I was glad to see the strength of the bonds between the circle members.

    Graduate School of Science and Technology
    Mehdi Hazaz

    Keioのオススメ

    • Join a circle in your extracurricular life: this is a key feature in making friends that share your hobbies that you may not have otherwise met.
    • Enjoy the canteen for both lunch and dinner on Yagami Campus.
    • Yagami Campus is usually open 24/7, which can be helpful should you happen to be late in writing a research progress report.
    • Freedom to experiment in your research: a good reminder that there are practical issues to overcome not mentioned in your textbooks.
  • Connecting with many individuals who are passionate

    The best part of my experience at Keio Media Design is to connect with many individuals who are passionate about bringing creativity to life. Getting to know them and their stories is truly inspiring and makes me think deeper about utilizing design principles to construct a fruitful daily life.

    Graduate School of Media Design (KMD)
    The art of life design
    Shiyuan He

    Keioのオススメ

    • Beautiful campus plus many lively young people
    • Very international and supportive of foreign students
  • Nurturing Interdisciplinary Thinking to Promote the Creation of New Ideas

    By offering curricula eliminating borders often existing between research disciplines, Keio University’s Faculty of Science and Technology provides an excellent learning and research environment nurturing interdisciplinary thinking. This is of utmost importance for future scientists and engineers to be successful in an ever faster changing world full of challenges. Faculty members, researchers and students, including a continuously growing number of international students, are working together in an atmosphere of mutual trust and respect to achieve their goals.

    Professor, Faculty of Science and Technology
    Daniel Citterio

    Keioのオススメ

    • Central research facilities equipped with state-of-the-art scientific instrumentation
    • Manifold occasions allowing for interaction between students and faculty members
    • The Yagami and Hiyoshi campuses situated in very convenient locations
  • シゲキ的、異種混淆な共同体

    慶應義塾はシゲキ的、異種混淆な共同体です。そこには、様々なバックグラウンドを持つツワモノが集います。性別も国籍も年齢も学生も教授も、そんなものは関係ありません。ときに教え、ときに教わり、ときに意見をぶつけ合い、自他を刺激し、洗練させていく。慶應義塾はそのような共同体だと言えます。

    法学部政治学科
    竹岡 建介

    Keioのオススメ

    • 国際性の豊かさ
    • 「教える者」と「教わる者」の互換性(半学半教)
    • 学際性の豊かさ
    • 学生、教職員の多様性
    • 伝統
  • 挑戦する学生にチャンスを与えてくれる

    私が所属する心理学専攻では、論文を書くために心理学実験をしなくてはいけません。自分の興味をもとに研究に挑戦しようとする学生を信頼して、教員は助言とチャンスを与えてくれます。学生もその信頼に応え、よりよい研究をしようと努力をします。このような全力で挑戦できる環境こそが慶應義塾の魅力です。

    社会学研究科
    新保 彰大

    Keioのオススメ

    • 様々なタイプの友人と出会える
    • 多様な実験設備
    • 三田キャンパスの周りを散策すると楽しい
  • 勇気のガソリンスタンド

    私にとって、慶應義塾は勇気のガソリンスタンドです。
    異国で1人、生活したり勉学したりすることにくじけそうになったとき、慶應義塾に元気をもらっています。熱心に教えてくれる先生がいて、勉強環境が整ったメディアセンターがあり、周りに一緒に頑張っている仲間がいて、次の一歩を踏み出す勇気が出ます。

    環境情報学部
    常 心睿

    Keioのオススメ

    • 留学生がみな日本語の勉強に熱心であること
    • メディアセンターに本やデバイスが揃っていること
    • 交換留学や短期留学などの制度が豊富であること
    • SFCの授業が面白いこと
  • 未知との遭遇

    慶應義塾について一言で表すならば、応援歌「若き血」にも有るように、まさに精鋭の集う所。ここでは何かに突出した、一風変わった人達との新たな出会いがあります。そして、その出会いはきっと自分たちの知らないさらなる高みに連れて行ってくれるはずです。

    総合政策学部卒
    山縣 亮太

    Keioのオススメ

    • 季節の移ろいを目で楽しませてくれる日吉キャンパスの銀杏並木(特に秋)
    • 自然を感じることができる湘南藤沢キャンパスの鴨がいる池
    • 三田キャンパスと東京タワー
  • Inspiration to Become Excellent at Everything You Do

    I first came to Keio in 2013 after earning bachelor degrees in Economics and Law at Toulouse School of Economics. I wanted to do research, and I expected a year in Japan would broaden my horizons. Success!
    I received from Keio a new vision on human institutions, with courses in behavioral psychology, political sciences, and business strategy. This inspired me to strengthen my mathematics for economics as well as learning new ways of problem-solving, so I went to Paris for a Master’s in Quantitative Economics and Finance at École Polytechnique, while studying in the Keio-Sciences Po Double-Degree Program. And here I am, at Keio again, determined to use my ever-improving Japanese to bring innovation at the interface of cultures.

    Graduate School of Economics
    Piotr Alexeevich Kroujkov

    Keioのオススメ

    • I strongly recommend joining a student club. I started boxing at Keio, and I got better daily training from my fellow students than I would have had from professionals. It is a particularly good strategy to join clubs that are not traditionally Japanese sports. I recommend joining clubs for Western sports where the likelihood of being with other foreign students is lower. It will help with practicing Japanese, as most international students want to do Japanese sports.
    • The library resources are also amazing. The university holds subscriptions to almost all journals imaginable. I can only think of a few times when I could not get a paper I needed. It would be a shame to miss out on so much available knowledge.
    • Watching the sunset through the sculptures on the terrace of the Law School Building (South Building).
  • 未来を創造する様々な挑戦を後押しする充実した環境

    慶應義塾大学は、年齢や性別、学問にとらわれず、新しいことに挑戦する人を、様々な背景を持った学生や教授、卒業生が全力で応援してくれます。何かしたい時、すぐそばに、アイデアを共有できる人や、意見をくれる人がいることは動き出す時のモチベーションにも繋がり、充実した魅力的な環境だと思います。

    環境情報学部
    戸谷 知尋

    Keioのオススメ

    • 教授や先輩との広く深い繋がり
    • 学部にとらわれない学びの機会
    • 個性豊かなキャンパス
  • 目標が見えてくる

    恵まれた教育、研究環境で多くのことを学び、身につけることができる。また、尊敬すべき先生、先輩、友人に出会える。それらの好機を活かすためには「面倒」や「苦手」と嫌がらずに、様々な場で積極的に、能動的に行動することが大切。

    医学部
    友岡 俊

    多様性と専門性

    文系、理工系、医薬看系の全てを網羅し、各分野で世界水準の教育、研究がなされている総合大学ならではの多様性と専門性が最大の魅力。高度な専門教育を受けつつ、他学部の方々との交流で幅広い考え方を知ることができる。

    医学部
    友岡 領

    ※2人は双子の医学部生です。

    Keioのオススメ

    • 日本の私学で最初に設立された、伝統と先進性を併せ持つ医学部
    • 様々な学部の友人達との幅広い交流
    • 尊敬すべき人々、目標とすべき人々との出会い
  • 可能性を広げる環境

    私は、文学部のゼミで社会学を専攻しながら法学も学んでいます。複数の学部で教員や学生と交流することで、学問の壁を越えた多様な価値観や考え方が身につきます。
    また授業での合宿、サークルなど、常に学びや交友関係を広げるチャンスがあります。

    文学部社会学専攻
    安藤 麻里

    Keioのオススメ

    • 塾生、塾員との繋がりが強く、あらゆる人と関わることができる
    • 授業やサークルを通して他学部の人と交流できる
    • のんびりできる芝生やベンチがある
  • 世代を超えた躍動感で切り開く未来

    企業のリーダー層を中心としたEMBA(Executive MBA)では、30年後を見据えた世界観、企業倫理、ビジネスの在り方から最新の経営までをケース議論や討論を通して徹底的に鍛えます。ビジネス界をリードしている学生が多く、授業の合間にケースの裏話しや新聞では発表されないビジネスの本質なども聞け、リアリティー満載です。

    経営管理研究科
    渡邉 靖久

    Keioのオススメ

    • 多様なバックグラウンドを持つ人
    • 深く・広い知見を得られる学びの場
    • 年齢や性別の制限なく自由に発想できる場
    • 未来を協創するゲートウェイ
  • 心の故郷

    卒業してからこそ、本当の魅力がわかる学塾。慶應義塾は、公私にわたりいろいろなことの原点となっている存在。
    第二の故郷であり心の故郷。

    スーパーグローバル事業推進室(職員)
    渡部 隆志

    Keioのオススメ

    • 日吉の銀杏並木
    • 三田山食のカレー
  • 繋がるご縁と自己実現

    授業や課外活動において自分の興味を追求する中で、共感し応援し合える仲間との運命的な出会いを、何度経験したことでしょう。手を貸してくださる先生や先輩方とも、たくさんのご縁がありました。点と点であったそれぞれの気持ちが結ばれ、かたちになっていく。私にとって慶應義塾は、想いを実現できる場所です。

    法学部政治学科
    水野 友佳理

    Keioのオススメ

    • 基礎を学ぶことも、深く論じることもできる豊富な授業
    • 多くの挑戦を受け入れる多様な活動団体
    • 調べ物や作業だけでなく、討論にも最適な環境
  • SFC’s Unique Multidisciplinary Approach

    At SFC, I had an amazing chance to work and share knowledge with many students from different backgrounds ranging from engineering, art, science, and politics. Programs such as GIGA, GESL, and EDGE enhance our ability to innovate and to produce new ideas.
    The majestic history of Keio University and its rich resources enable students to pursue high-quality education and knowledge. On the other hand, the creative design of Keio's campuses such as Shonan Fujisawa Campus provides a comfortable environment for students to carry out their studies. Finally, the great reputation of Keio University inside and outside Japan puts students on a career path to get a great job after graduation.

    Graduate School of Media and Governance
    Haitham Alkhalaf

  • 多事争論が息づくキャンパス

    慶應義塾で仕事を始めて10年経って思うこと。それは、キャンパス内に自由にものを言える気風、少数意見を尊重する寛容さがあること。そして何より、ひとりでは成しえなかった企画を一緒に作り上げることができる個性豊かなたくさんの仲間がいることが慶應義塾の財産だということ。

    学生部国際交流支援グループ(職員)
    長川 愛

    Keioのオススメ

    • 国内外で国際交流ができる機会あり!
    • ユニーク(変わった)な人がいっぱい
    • 都心なのに意外にも自然を感じる環境(三田キャンパス)
  • 恵まれた環境でおくる刺激的な毎日!

    きれいな図書館に、多様な自習スペース、最新の工作機械等の設備といった学びの環境はもちろん、先生方との距離も近く、学生のタイプも様々。勉強ばかりでなく、一歩キャンパスを出ればそれぞれが部活や、サークル、バイト、趣味等に熱心に取り組んでおり、多彩な仲間に囲まれ、日々刺激を受けられることが大きな魅力です。

    理工学部システムデザイン工学科
    柳澤 美友紀

    Keioのオススメ

    • メディアセンターの自習スペースが豊富
    • キャンパス内にコンビニがある
    • はじめは日吉キャンパスで学ぶので他学部生とも交流できる
  • 皆で世界の問題を解決する力を得る

    SDMではシステム×デザイン思考をベースに、様々な問題に取り組む力を養っている。社会人として再び慶應義塾の門を叩き飛び込んだ修士2年間は濃厚で、世界の大学との連携、ASEANの学生との交流、チームで形にしたミラノサローネの出展などを通じて、同期と共にSDMで得た力は世界で通用することを実感している。

    システムデザイン・マネジメント研究科 修士課程
    広瀬 毅

    Keioのオススメ

    • 銀杏並木がキレイ(特に秋)
    • 最先端の先生がいる
    • 国内最大級のデータベース連携
    • 大学内にコミュニティパブがある(日吉)
  • 慶應義塾での学び“人をつなげるデザインの楽しさ”

    フランスと日本という二つの国に住んでいたことから、遠くの人とのコミュニケーションに不便さを感じていました。慶應義塾では様々な背景を持った多くの仲間とともに実学を実践的に学び、研究活動の中でさらに多くの人とつながりながら、人と人をつなげる技術を開発することができました。

    メディアデザイン研究科 修士課程
    家倉 マリーステファニー

    Keioのオススメ

    • 学校が24時間開放されているので、自分のペースで勉強できる
    • 幅広いバックグラウンドを持った人が多くいるので、困ったときにはすぐ相談できる
    • 新しいことに挑戦することを応援してくれる多くの先輩や先生がいる
    • フランクに話すことができる先生たちがいる
  • A unique opportunity for academic exploration

    The master's program at Keio is a two-year in-depth exploration into whatever domain fascinates you, providing you with the opportunity to truly master a given research field of your choice. While the atmosphere and approach at each laboratory differs, the core underlying mindset of performing real, solid research stays the same.
    A diploma from Keio will also give you opportunities in the field as well, as the university is known throughout Japan and beyond for the academic excellence among its students.

    Master's/Doctoral Program, Graduate School of Science & Technology
    Karl-Johan Stefan Alm

    Keioのオススメ

    • The general attitude at Keio that exchange students truly matter and are important for the faculties' well-being
    • The way in which laboratories and professors is laid out, where students are able to find a lab which fits their specific needs
    • The attitude of fellow students, which tends to be very open-minded and welcoming
  • 縦のつながり

    自分1人のちからでは到底関わりを持てないような人とも、慶應義塾という伝統ある大きなコミュニティによって繋がることができる

    法学部政治学科
    加藤 拓也

    Keioのオススメ

    • 最先端で世界クラスの研究活動
    • 幅広い学びの選択肢
    • 国際交流が伝統として息づく文化
  • 未来からの留学生たちと共に、新しい未来を築く

    私が所属するSFCの学生たちはみんな「未来からの留学生」です。要は「変わった子たち」です。心配しなくて大丈夫ですよ、先生たちはもっと変わっていますから。でも、「思ってもなかった未来」というのは、そういう環境から創生されると思いませんか。来たれ、普通の大学生活なんて送りたくない変わった子たち!

    環境情報学部 准教授
    大木 聖子

    Keioのオススメ

    • 学生が研究のパートナー
    • 規則でがんじがらめにしない信頼関係
    • キャンパス内に充満する、あとさき考えない行動力と人としての節度の配合の絶妙具合
  • 伝統を継承し発展に貢献できる場所

    共立薬科大学から続く伝統ある薬学部は、学生が主体となって医療の発展に貢献できるフィールドです。高い水準の科学や倫理を学ぶことができ、塾生生活を過ごす中で何か困った時には薬学部に限らず慶應義塾の幅広く力強いコミュニティが支えてくれます。「今ある医療の問題に立ち向かうヒントが得られる」そんな場所です。

    薬学部薬学科
    菊山 史博

    Keioのオススメ

    • 薬学+○○を発見できる環境
    • 医薬看三学部合同教育でのチーム学習
    • 芝共立キャンパス1号館の屋上庭園から見える夜景が最高にきれい
    • 塾生生活を豊かにする薬学部生向けのサークルや部活
  • 日本にいながらも世界を実感!

    世界が様々な形で繋がっている今、学生は日本だけではなく、常に世界を意識しなければなりません。Professional Career Program(PCP)は、英語で実践的な経済学の学習ができ、卒業後に世界の中で生き抜くためのスキルを確実に養ってくれます。また、個人的にも、様々な学生が集まるため、自分のバックグラウンドを気にせず、自分にとって最も自分らしくいられる場所です。

    経済学部
    岡井 駿

    Keioのオススメ

    • 世界中から来ている留学生と机を並べて勉強ができる!
    • 秋の銀杏並木が予想以上に綺麗
    • キャンパス周りに美味しいラーメン屋さんがたくさん♪
  • Immerse yourself deeper - inside and outside the classroom

    Through deep immersion inside and outside the classroom, I have grown both academically and personally in my time at Keio. I studied at the Faculty of Economics as part of the Double BA Programme between Keio University and Sciences Po.
    I particularly benefitted from my microeconomics research seminar in Japanese. Moreover, I was warmly welcomed as a member of the volleyball team (despite not being a particularly good player!) and the Keio Debate Squad. My experience at Keio was an excellent balance of studying Japan from an academic perspective and experiencing daily Japanese life first hand.

    Faculty of Economics
    Marius Harnischfeger

    Keioのオススメ

    • Join one of the student clubs (known as サークル)
    • Go talk to professors in your subject area of interest
    • Don't be afraid to try and speak Japanese: That is how you progress!
  • Keio means Home to me. A place of peace and where things can happen

    I feel like I'm at home because at Keio you learn how to learn and how to do things well. A global life starts there, and they treat everyone as an individual, no matter where you come from or who you are. They simply see all students as students and as members of the Keio family. If I were to choose where to study again, I would always choose Keio University!

    Master's Program, Graduate School of Media and Governance
    Joao Chitulo

    Keioのオススメ

    • Study hard and feel free to choose what is best for your career
    • Do not copy and paste other writers ideas but create a world of your own
    • Do not push too much because you're not God and you cannot make everything possible, but you can transform the world by contributing and being an innovative person
    • Do not simply look away what is happening at your community without doing anything
    • Avoid waiting for others do things for you. You can and you will do fantastic things because Keio staff is there to help you and serve you well
  • 自分らしく芸術に関わる

    私の専攻では、実技に重きを置いた学びとは異なる形で芸術への理解を深めることができます。私は2年次に、専攻設置科目に併せて国文学や教育学の授業も多くとっていました。より関心を寄せる分野に近く、また多様な学問領域に関わることができるのは、総合大学である慶應義塾だからこその学びの形であるのかもしれません。

    文学部美学美術史学専攻
    古庄 花梨

    Keioのオススメ

    • それぞれ独自の雰囲気があるキャンパス
    • 三田キャンパスの幻の門近くにある桜並木がきれい
    • メディアセンターの豊富な蔵書
  • ぶれない原点

    創立者福澤諭吉の存在は、様々なアイディアや刺激を与えてくれる、くめども尽きぬ泉のようなもの。一方で盲信を嫌い、決して「福澤教」にならないバランス感覚も慶應義塾の魅力。

    福澤研究センター 准教授
    都倉 武之

    Keioのオススメ

    • 近代日本を逍遙すれば慶應に当たる
    • 色々なことが評価される(変なヤツがたくさんいる)
    • 年齢を超えた卒業生の輪

サイトマップの始まり

ナビゲーションの始まり