ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
国内初 iPhoneアプリを用いた臨床研究を開始
-身近になったヘルスケアデータの有効活用-

研究医療
2015/11/25  慶應義塾大学医学部

このたび、慶應義塾大学医学部内科学教室(循環器)の福田恵一教授、高月誠司准教授らは、国内で初めてiPhoneを用いた臨床研究を開始しました。

医学研究をサポートするためにApple社が公開した「ResearchKit」という仕組みを使用し、不整脈・脳梗塞を早期に発見し、生活の質を守ることを目的としたアプリケーション「Heart & Brain」を木村雄弘特任助教が開発しました。アプリケーションでは、Apple Watchが記録した心拍数のほか、歩数、運動量などのヘルスケアデータを収集し、不整脈や脳梗塞に関する質問票、iPhoneに内蔵されたセンサーを駆使した運動評価を行います。

iPhoneユーザーを対象とする今までにない大規模な臨床研究であり、ビッグデータの構築と健康社会を目指すプロジェクトに大きな期待が寄せられています。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2015年度 > 国内初 iPhoneアプリを用いた臨床研究を開始 -身近になったヘルスケアデータの有効活用-

フッターの始まり