ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
体外で人工的に大腸がんの作製に成功
—大腸がんの発がんメカニズム解明に期待—

研究医療
2015/02/24  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部内科学(消化器)教室の佐藤俊朗特任准教授らは、ヒトの大腸幹細胞に体外で遺伝子変異を導入し、がん化過程を人工的に再現することに世界で初めて成功し、正常な大腸上皮からの発がんには、より多くの遺伝学的な変化が必要であり、既に発育した大腸ポリープはがん化しやすく、その切除が効率的な発がん予防につながることを裏付けました。
これまでは、5つの遺伝子変異により進行大腸がんに進展すると考えられていましたが、正常な大腸幹細胞に、佐藤特任准教授らが開発したヒトの大腸幹細胞の培養技術を利用し作成した、5つの遺伝子変異を組み込んだ遺伝子改変大腸幹細胞を導入しても、進行大腸がんには進展しないこと、一方、体内で発育した大腸腺腫は3つの遺伝子変異を組み込むことで転移を認め、進行大腸がんになっていることが分かりました。

本研究成果は米国科学誌 「Nature Medicine」オンライン版に2015年2月23日(米国東部時間)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2014年度 > 体外で人工的に大腸がんの作製に成功 —大腸がんの発がんメカニズム解明に期待—

フッターの始まり