ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
1素子の受信アンテナでのMIMO伝送システムの実験に成功
-ウェアラブル端末への応用に期待-

研究
2014/11/27  慶應義塾大学

慶應義塾大学大学院理工学研究科の矢部達郎(修士課程2年)、土井寿人(修士課程2年)、松岡暉(修士課程1年)および同理工学部電子工学科の眞田幸俊教授らの研究グループは、1素子の受信アンテナでのMIMO伝送を行う実験に成功しました。

従来のMIMO伝送で2~4素子の受信アンテナが必要なところ、本研究成果により1素子の受信アンテナでほぼ同等の無線通信特性を実現しました。これによりウェアラブル端末などの小型端末においてもMIMO伝送による高速通信が実現可能です。

本研究の成果は、2014年12月1日(月)-4日(木)に開催されるInternational Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems 2014で、 また2014年12月5日(金)に東京国際フォーラムで開催される第15回慶應科学技術展にて、それぞれ発表されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2014年度 > 1素子の受信アンテナでのMIMO伝送システムの実験に成功 -ウェアラブル端末への応用に期待-

フッターの始まり