ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
X線自由電子レーザーを用いた非結晶粒子構造研究のための新しい解析理論の構築と実用化
-SACLAの効率的利用を目指して-

研究
2014/11/04  慶應義塾大学
独立行政法人理化学研究所

慶應義塾大学(塾長 清家篤)と独立行政法人理化学研究所(理事長 野依良治)は共同で、X線自由電子レーザーを用いた非結晶粒子のコヒーレントX線回折イメージング実験でしばしば遭遇する、従来手法では解析困難な回折パターンについて、解析を可能とする理論を独自に構築し、計算機実験でその有効性を確かめながらソフトウェアとして実用化しました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2014年度 > X線自由電子レーザーを用いた非結晶粒子構造研究のための新しい解析理論の構築と実用化 -SACLAの効率的利用を目指して-

フッターの始まり