ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
血管が排除される仕組みを解明
—糖尿病性網膜症・がんの進行を抑える新たな治療法の開発に期待—

研究医療
2014/10/24  慶應義塾大学医学部

ヒトのからだには全身に血管が張り巡らされています。また、臓器の中には、他と比べてごくわずか、あるいは全く血管が進入しない臓器があることも知られています。慶應義塾大学医学部の久保田義顕准教授らは、この血管進入が乏しい臓器の一つである、網膜に着目し、血管が一部の臓器から排除される仕組みを明らかにしました。

あらゆる組織内への血管の進入には、組織から放出される血管内皮細胞成長因子(Vascular endothelial growth factor:VEGF)が必要です。網膜においては、このVEGFが血管に働きかける前に、網膜の神経細胞によりVEGFが取り込み・消化されており、それにより網膜の内部へは血管が進入できないことがわかりました。成人の失明の主要な原因である糖尿病性網膜症や加齢黄斑変性では、網膜への血管の進入が視力低下や失明の原因となっており、今回の結果はこれらの疾患の病態の解明・新しい治療法の開発につながるものと考えます。また、血管はがんの増大にも関連があることが知られています。この仕組みを逆手に取ることで、がんへの血管進入、がんの増大を抑える新しい薬剤の開発にもつながるものと考えます。

本研究成果は2014年10月23日(米国東部時間)の「Cell」オンライン版に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2014年度 > 血管が排除される仕組みを解明 —糖尿病性網膜症・がんの進行を抑える新たな治療法の開発に期待—

フッターの始まり