ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
「G空間未来デザイン」プロジェクトを産官学連携で開始
~地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたアイデアソン、ハッカソン、マーケソン~

研究
2014/09/30  慶應義塾大学

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(以下、慶應SDM)は、株式会社フューチャーセッションズおよび国際大学グローバル・コミュニケーション・センターと連携し、「G空間未来デザイン」プロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは地理空間オープンデータを用いたアイデアソン、ハッカソン、マーケソンを実施し、地域の課題解決や魅力向上に向けた革新的なサービス創出のための仕組みを構築します。国土交通省事業の一環として行い、今年度は、川崎市と連携し、初回のアイデアソンを10月27日(月)に川崎市宮前区役所にて開催します。また、ハッカソンおよびマーケソンは、12月および1月に開催予定です。イベント欄へのご掲載およびご取材のほど、よろしくお願い申し上げます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2014年度 > 「G空間未来デザイン」プロジェクトを産官学連携で開始 ~地域課題を解決するための地理空間オープンデータを用いたアイデアソン、ハッカソン、マーケソン~

フッターの始まり