ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
空中に3D映像を投影する裸眼3Dディスプレイを開発

研究
2014/09/01  科学技術振興機構(JST)
慶應義塾大学

ポイント
・3D映像が空中に投影される裸眼3Dディスプレイ「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を開発。
・今回開発したディスプレイでは、複数のユーザーが同時にそれぞれの立ち位置から適切な3D映像を閲覧可能。3D映像を中心として約150度の広い視野角を実現。
・直接手で触れる、空中に絵を描くなど3D映像との直接的な接触体験が可能となり、博物館展示、電子看板(デジタルサイネージ)、業務用ゲーム機械(アーケードゲーム)などさまざまな応用が期待される。

JST戦略的創造研究推進事業の一環として、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘 暲(タチ ススム)特別招聘教授、南澤孝太准教授らは、複数のユーザーが同時に裸眼で観察可能な3D映像を空中に投影できる3Dディスプレイ「HaptoMIRAGE」を開発しました。3D映像は現実の環境に重ね合わせて表示され、ユーザーは特殊な眼鏡を掛けることなく、広い範囲から両眼視差と運動視差を持つ立体映像として観察することができます。さらにユーザーと提示映像の間に障害物となる構造がないため、提示映像に直接手を伸ばして操作したり、空中に3Dコンピューターグラフィックスのスケッチを描いたりするなど、現実空間と情報空間がシームレスに融合した、新しい体験が実現します。本研究成果により、公共空間におけるデジタルサイネージ、博物館におけるインタラクティブ展示、アーケードゲームなどのエンターテイメントシステムなどの分野において、実物体と融合した相互作用可能な空中3D映像の利用が容易に実現できるようになることが期待されます。

本研究成果について、2014年9月2日~4日にパシフィコ横浜で開催される日本最大のゲーム開発者カンファレンス「CEDEC2014」において本研究成果を展示公開します。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader


フッターの始まり