ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
アクチン細胞骨格の動態が脂肪分化を誘導するメカニズムを解明
-癌幹細胞の分化制御を標的とした治療法確立・治療薬開発に期待-

研究医療
2014/02/26  慶應義塾大学医学部
科学技術振興機構(JST)

慶應義塾大学医学部先端医科学研究所(遺伝子制御研究部門)の信末博行(のぶすえ ひろゆき)特任助教、佐谷秀行教授らの研究チームは、日本大学生物資源科学部応用生物科学科の加野浩一郎教授らとの共同研究により、アクチン細胞骨格の動態変化が脂肪細胞への分化を誘導するという現象の分子機構について解明しました。

本研究では、『細胞は、はじめに特異的な転写因子の発現によって機能的および形態的に分化する』というこれまでの細胞生物学の常識を覆し、細胞の形態変化によって、その細胞の運命が決まるという、一見逆とも思える現象のメカニズムの一端を明らかにしました。今後、癌細胞の基となる癌幹細胞の形態を変化させて、機能的な正常脂肪細胞へと導く(終末分化させる)という新たな癌治療戦略の開発に寄与する可能性が期待されます。

本研究成果は英国科学専門誌「Nature Communications」オンライン版に2014年2月26日(英国時間)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2013年度 > アクチン細胞骨格の動態が脂肪分化を誘導するメカニズムを解明 -癌幹細胞の分化制御を標的とした治療法確立・治療薬開発に期待-

フッターの始まり