ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
NK細胞による肺血管透過性制御機能を発見
-心不全患者の呼吸困難を改善する新たな治療法開発へ-

研究医療
2013/12/24  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部内科学教室(循環器)佐野元昭准教授らと内科学教室(呼吸器)の共同研究グループは、心筋梗塞後に異常に活発になった好中球が、肺微小循環に捕らえられて停滞し、肺の血管内皮細胞を傷害する結果、血液内の液体成分が肺内にしみ出すために低酸素血症(呼吸困難)を引き起こすこと、また肺の中に存在するNK(ナチュラルキラー)細胞がその好中球による肺の血管内皮細胞傷害を抑制していることを発見しました。その結果、肺NK細胞は、免疫反応を沈静化する抑制性サイトカインIL-10(インターロイキン10)を産生することによって、肺の血管内皮細胞のバリアー機能を維持し、血管内から肺組織への好中球の侵入を抑制していることが明らかになりました。

今回発見された機能を生かしたNK細胞療法は、心筋梗塞後の心不全患者の低酸素血症(呼吸困難)を改善する、新たな治療法として有望と期待されます。

本研究成果は、2013年12月23日(日本時間12月24日)に米国心臓病学会誌「Circulation Research」オンライン版で公開されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2013年度 > NK細胞による肺血管透過性制御機能を発見 -心不全患者の呼吸困難を改善する新たな治療法開発へ-

フッターの始まり