ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の"速度計測"に成功
「速度超過違反」ガスも発見

研究
2013/08/09  慶應義塾大学

慶應義塾大学大学院理工学研究科の指田朝郎(2012年度修士課程修了)と同理工学部物理学科 岡朋治准教授らの研究チームは、超新星(大質量恒星の爆発)による衝撃波の膨張速度を精密に計測することに成功しました。これは、太陽系から約3キロ・パーセク(約1万光年)の距離にある超新星の残骸W44に対して電波観測を行い、星間分子雲中を伝搬する超新星衝撃波の膨張速度を計測したものです。
観測に際しては、2つの電波望遠鏡を用いて、ミリ波・サブミリ波帯のスペクトル線観測による高温・高密度分子ガスの高感度な選択的イメージングを行いました。求められた膨張速度(12.9±0.2 km/秒)と分子ガス質量(104太陽質量)から超新星爆発が星間物質へ渡した運動エネルギーを算出したところ、(1-3)×1050ergとなりました。この値は超新星爆発の総エネルギー(~1051)の1割から3割に達し、太陽が10-30億年かけて放射するエネルギーに相当します。
これに加えて、局所的に極めて大きな速度(>100km/秒)を持つ分子ガス成分も検出されました。この速度は、分子が解離されない衝撃波速度の限界(50km/秒)を大きく上回っており、いわば「速度超過違反」です。この超高速度成分の起源は現在のところ全く謎ですが、超新星衝撃波の通過により、ここにある何らかの天体が活性化された可能性があります。
本研究成果は、8月20日発行の米国の天体物理学専門誌『The Astrophysical Journal』に掲載される予定です。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2013年度 > 星間分子雲中を通過する超新星衝撃波の"速度計測"に成功 「速度超過違反」ガスも発見

フッターの始まり