ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
世界に先駆け、てんかんのiPS細胞を作成
-今後の難治てんかんの病態解明・治療薬開発に期待-

研究医療
2013/05/02  福岡大学
慶應義塾大学医学部

このたび、福岡大学小児科、てんかん分子病態研究所の研究グループ(廣瀬伸一 教授、日暮憲道(研究員))と慶應義塾大学医学部生理学教室の研究グループ(岡野栄之教授)は共同で、難治てんかん患者からiPS細胞を作成し、病態を反映した機能異常を再現することに成功しました。

てんかんは、有病率が全人口の1%に及ぶ非常に高頻度な脳の疾患で、繰り返すてんかん発作を特徴とします。一般的には抗てんかん薬といわれる飲み薬による治療が行われますが、約3割の患者は飲み薬では治らない難治てんかんを持っています。より有効性の高い、新たな治療薬の開発が望まれています。

今回、廣瀬教授らの研究グループは、SCN1Aと呼ばれる神経細胞の活動に深く関わる遺伝子に異常のある、ドラベ症候群と呼ばれる難治てんかんの患者の皮膚細胞から、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作成することに成功しました。これらのiPS細胞から神経細胞を分化誘導した結果、ドラベ症候群由来の神経細胞では、神経細胞の機能が低下していることを確認しました。

これまで患者から作成したiPS細胞を用いた研究成果が様々な脳の疾患で報告されてきましたが、てんかんに関する報告はありませんでした。本研究では、てんかんという脳の機能的疾患において、iPS細胞を用いて培養皿上でてんかん脳の病態を再現することに、世界に先駆けて成功しました。

本研究成果は医学雑誌「Molecular Brain」のオンライン版で5月2日付けで公開されます。

本研究は、文部科学省・再生医療の実現化プロジェクト、疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究事業、科学研究費補助金などの助成によって行われました。


プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2013年度 > 世界に先駆け、てんかんのiPS細胞を作成 -今後の難治てんかんの病態解明・治療薬開発に期待-

フッターの始まり