ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ヒトiPS細胞を用いた毛包の部分再生に成功
-脱毛症治療薬の開発、再生医療へ道-

研究医療
2013/01/23  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室の大山学専任講師、生理学教室の岡野栄之教授らの研究グループは、ヒトiPS細胞から皮膚の前駆細胞を作成し、毛を誘導する能力をもつマウス幼若線維芽細胞とともに免疫不全マウスに移植することにより、毛包構造の再現に成功しました。再生された毛包内にヒト細胞由来であることを示すシグナルが検出されたことから、ヒトiPS細胞が毛包構造の一部を再生したことが確認されました。
現在のところ、進行した脱毛症には自分の毛包を外科的に採取し脱毛部分に植え直す自家植毛など限られた治療の選択肢しかありません。しかし、個人から採取できる毛包には当然限りがあるため、iPS細胞を用いた毛包再生技術の確立が期待されています。また、自由にヒトの毛包を再生できれば脱毛症の治療薬の開発を大きく進める可能性があります。
本研究は、ヒトiPS細胞を利用した毛包の再生を実現するための技術的基盤を提供しており、今後のヒト再生毛包を利用した脱毛症治療薬の開発、再生医療に向けての第一歩であると考えられます。
本研究成果は、Journal of Investigative Dermatology電子版に公開されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > ヒトiPS細胞を用いた毛包の部分再生に成功 -脱毛症治療薬の開発、再生医療へ道-

フッターの始まり