ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ロボット技術を応用した未来の乗り物(パーソナルモビリティ)を架空企業がWebサイトで発表 ~評価・提案をオンラインで募集する実験~

研究
2012/12/10  慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(東京都港区)は、ロボット技術を応用した未来のパーソナルモビリティ(1人乗り移動機器)Curimo(キュリモ)を企画構想し、その成果をWebサイトでプロトタイプ化し、12月10日よりインターネット上でアンケートによる受容性評価を行います。本評価は、ロボット技術の応用によって人間の共感力を引き出す「共感インタラクション」をテーマとするロボティックサービスデザイン研究プロジェクトの一環として行われます(研究統括:武山政直 経済学部教授・グローバルセキュリティ研究所副所長)。
本研究は、パーソナルモビリティを提供する架空企業コラボティクス社が、2028年にロボット技術を応用したパートナー型パーソナルモビリティCurimoを発売することを想定し、その製品とサービスの概要や魅力を、架空の製品や企業のWeb サイトを通じてプロトタイプ化します。サービスデザインの分野では、このようなプロトタイプ手法は“リバース考古学”と呼ばれ、まだ見ることのできない未来社会の暮らしやビジネスを、その証拠物件を通じて想像的に描き出す効果を持ちます。それらのプロトタイプを用いて未来の生活像を提示するとともに、その内容についての評価やさらなる提案を一般から募集します。
この取り組みについて、是非ご取材、ご紹介頂きたくお願い申し上げます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > ロボット技術を応用した未来の乗り物(パーソナルモビリティ)を架空企業がWebサイトで発表 ~評価・提案をオンラインで募集する実験~

フッターの始まり