ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
日本人初、本学教授が実名で自身の個人全ゲノムを公開
-湘南藤沢キャンパス(SFC)にて公開ゲノムを用いた授業も開講-

教育研究
2012/07/31  慶應義塾大学

慶應義塾大学 環境情報学部の冨田勝 教授〔慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市、IAB)所長〕は、自身の全ゲノム配列を解析し、7月31日より国立遺伝学研究所の日本DNAデータバンク(DDBJ)にて全世界に公開を始めました。日本人が実名で個人ゲノムを公開するのは初めてであり、今回のケースが第一号となります。
湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部・環境情報学部では、この冨田教授のゲノムを教材とした「ゲノム解析ワークショップ」を開講し、本年4月から7月にかけてパーソナルゲノムに関する授業を行いました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > 日本人初、本学教授が実名で自身の個人全ゲノムを公開 -湘南藤沢キャンパス(SFC)にて公開ゲノムを用いた授業も開講-

フッターの始まり