ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
細やかな触感を伝えるテレイグジスタンス遠隔操作ロボットを開発

研究
2012/07/11  慶應義塾大学

JST課題達成型基礎研究の一環として、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の舘(たち)暲(すすむ)特任教授らは、遠隔地に細やかな触感や存在感を伝えられる「テレイグジスタンス」システムを用いたロボットを世界で初めて開発しました。

近年、遠隔コミュニケーション、災害救助、医療などさまざまな場面で遠隔操作ロボットの利用が進んでいますが、これらのロボットを操縦者の分身として自在かつ安全に扱うためには、ロボットがいる遠隔地に自身が存在しているかのような高い臨場感を与えることが不可欠です。これまで、研究者らは「テレイグジスタンス」という概念を提唱し、このような高臨場感伝達技術の研究開発を進めてきました。

本研究グループは、カメラやマイクを通した視覚・聴覚の伝達だけでなく、ロボットが手に取った物の材質や温度などの触覚の伝達に着目して研究を進め、2011年には、指先への反力や温度を伝えられるテレイグジスタンスシステム「TELESAR V」を開発しました。しかし、絹布のサラサラ感、デニムのゴワゴワ感などの触感の違いまでは伝達できませんでした。

今回本研究グループは、新たに「触原色原理」を提案し、それに基づいて新規開発した圧覚・振動覚・温度覚を伝える触感伝達技術を「TELESAR V」と統合することにより、遠隔環境の細やかな触感を伝えるテレイグジスタンスに世界で初めて成功しました。

今後は、遠隔コミュニケーション、旅行やショッピングなどの遠隔体験、極限環境下における作業、遠隔医療、介護、サービス産業、エンターテイメント分野などさまざまな応用が期待されます。

今回開発したTELESAR Vは、世界最高峰のCGとインタラクティブ技術の祭典「SIGGRAPH2012」のEmerging Technologies部門に採択され、2012年8月5日(現地時間)よりロサンゼルス・コンベンションセンターにて展示されます。

本研究によって開発されたテレイグジスタンスシステムが動作する様子は、下記サイトにてご覧いただけます。
http://www.youtube.com/watch?v=KoC1iTOmYTg外部サイトへのリンク


プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > 細やかな触感を伝えるテレイグジスタンス遠隔操作ロボットを開発

フッターの始まり