ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
世界初 Software-Defined な仮想トランスポートネットワーク(スライス)技術の相互接続性デモンストレーション (5/31-6/1)

研究
2012/05/30  慶應義塾大学

慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 山中直明教授の研究グループは、自らGeneral Chairを務める国際学術会議International Conference on IP + Optical Network 2012 (iPOP2012)で中心的なデモンストレーションを実施します。
このデモンストレーションは、次世代のネットワークアーキテクチャとして注目されている
「Software Defined Network: SDN」の概念をトランスポート層の仮想化(スライス化)に適用した「Software Defined “Transport” Network」技術に関して、OpenFlow に代表される制御装置とマルチテクノロジーな複数のトランスポート装置(IP/MPLS, MPLS-TP, 光)で構成されたネットワークの相互接続によって、アプリケーションに応じた仮想トランスポート”スライス”を提供・実現するものです。
世界初となるこのデモンストレーションをぜひご取材ください。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > 世界初 Software-Defined な仮想トランスポートネットワーク(スライス)技術の相互接続性デモンストレーション (5/31-6/1)

フッターの始まり