ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
顔の向き・表情をリアルタイムで操作可能なアバターシステム
~一般的なPCユーザ向けモーション生成ソフトウェア開発を目指す~

研究
2012/05/23  慶應義塾大学

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科の満倉靖恵准教授らの研究グループは、一般的なPCとUSBカメラ1台だけを用いて人間の顔の向きや表情の変化を高速・高精度に計測する手法の開発に成功しました。これまで映画やゲームなどのCGアニメーション製作におけるキャラクターのモーション生成には、特殊な機材が必要とされてきましたが、今回の手法では、特殊な機材を必要としないばかりか、時系列的信号処理手法を用いることで、誰でも簡単にリアルタイムに画面上のキャラクターを操作することができます。
このアバターシステムを応用し、今後は、一般的なPCユーザ向けのモーション生成ソフトウェアの開発を目指すほか、さまざまな分野への応用や実装を進めていく予定です。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2012年度 > 顔の向き・表情をリアルタイムで操作可能なアバターシステム ~一般的なPCユーザ向けモーション生成ソフトウェア開発を目指す~

フッターの始まり