ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
iPS細胞を用いた脊髄損傷治療の実現に向けて一歩前進
—マウス脊髄損傷モデルに対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植の有効性を確認—

研究医療
2011/09/27  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部生理学教室(岡野栄之教授)と整形外科学教室(中村雅也講師・戸山芳昭教授)は、文部科学省再生医療の実現化プロジェクトにおいて、損傷した脊髄を再生させる治療法の開発に取り組んでいます。今回、岡野教授らは京都大学の山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所)らとの共同研究で、ヒトiPS細胞から神経幹細胞を分化誘導し、これを免疫不全マウス脊髄損傷モデルに移植を行い、良好な運動機能の回復を得ることに成功しました。移植したヒトiPS細胞由来神経幹細胞はマウス脊髄内で生着・分化し、マウス脊髄内ニューロンとシナプスを形成して神経伝導を改善させ、また脊髄損傷後の血管新生や神経線維の再生を促進することで、損傷脊髄の修復に働いていることが分かりました。また、移植後約4ヶ月の長期経過観察を行い、腫瘍化が認められないことも確認しています。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2011年度 > iPS細胞を用いた脊髄損傷治療の実現に向けて一歩前進 —マウス脊髄損傷モデルに対するヒトiPS細胞由来神経幹細胞移植の有効性を確認—

フッターの始まり