ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
脳の海馬形成過程における精神疾患候補遺伝子の機能を解明
—精神疾患の病態理解に進展−

研究医療
2011/05/12  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部の仲嶋一範教授らは、統合失調症などの複数の精神疾患の候補遺伝子であるDisrupted-in-Schizophrenia-1 (Disc1)が、脳のなかの海馬と呼ばれる部位の形成に必須な役割を持つことを明らかにしました。
統合失調症をはじめとする精神疾患は、脳が形成される過程で生じる微細な構造異常と、生後のストレス等の環境要因とが相互に関わることによって発症すると考えられています。しかしながら、具体的にどの遺伝子の異常によってどのような構造異常が生じるのかなどの詳細はわかっていません。
脳の中には、学習や記憶に関わる海馬と呼ばれる部位があります。今回の研究では、海馬の層構造形成にDisc1が重要な役割を果たしていることを、マウスを用いた実験で明らかにしました。
これによって、海馬の機能異常に関連した精神疾患の病態の解明や、その治療法開発のための新たな手掛かりが得られることが期待されます。
本研究成果は、2011年5月4日に科学雑誌「Human Molecular Genetics」のオンライン速報版(http://hmg.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/ddr194)で公開されました。なお、本研究は、文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム、科学研究費補助金などの助成によって行われました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2011年度 > 脳の海馬形成過程における精神疾患候補遺伝子の機能を解明 —精神疾患の病態理解に進展−

フッターの始まり