ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
炎症を抑える新しいたんぱく質を発見
-花粉症などのアレルギー疾患や、炎症性疾患の新たな治療法開発に期待-

研究医療
2011/04/05  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部の吉村昭彦教授らの研究グループは、リンパ球における新たな免疫調節機構を解明、抑制性T細胞を人工的につくり出し、炎症性のT細胞を抑える機能を持った新しいたんぱく質を発見しました。試験管内でこのたんぱく質を発現させたT細胞は、炎症を起こすT細胞の増殖を抑制することがわかりました。
この発見は、花粉症、喘息などのアレルギー疾患やリウマチなどの自己免疫疾患の全く新しい治療方法の開発につながるものと期待されます。
本研究成果は、2011年4月5日(英国時間)に英国オンライン科学雑誌「Nature Communications」で公開されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2011年度 > 炎症を抑える新しいたんぱく質を発見 -花粉症などのアレルギー疾患や、炎症性疾患の新たな治療法開発に期待-

フッターの始まり