ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
ヒトiPS 細胞から、色素細胞の誘導に成功
—科学誌PLoS-ONE(オンライン版)に掲載—

研究医療
2011/01/14  慶應義塾大学医学部

慶應義塾大学医学部先端医科学研究所 細胞情報研究部門(河上裕教授、大多茂樹特別研究講師)および生理学教室(岡野栄之教授)の共同研究グループは、ヒトiPS 細胞(人工多能性幹細胞)を色素細胞に分化誘導することに成功しました。この研究成果は、ヒト色素幹細胞や悪性黒色腫幹細胞の解析を介したさまざまな色素異常症の解明、そして、自家人工皮膚の作製、白斑症など色素減少症の再生医療、白髪の予防治療、悪性黒色腫の診断・治療法の開発などの臨床応用にも貢献できると考えられます。
本研究の論文は、科学誌PLoS ONE オンライン版(http://www.plosone.org 外部サイトへのリンク)に1月14日(日本時間)に掲載されました。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2010年度 > ヒトiPS 細胞から、色素細胞の誘導に成功 —科学誌PLoS-ONE(オンライン版)に掲載—

フッターの始まり