ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
慶應義塾大学先端生命科学研究所
唾液検査でがんを発見する新技術を開発

研究医療
2010/06/28  慶應義塾大学 先端生命科学研究所

慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市、冨田勝所長)(以下慶大先端研)・慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の杉本昌弘特別研究講師らのグループは、唾液を分析してがんを高精度で発見する画期的な方法を開発しました。
これはUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)歯学部David T. Wong(デビッド・ウォン)教授らとの共同研究によるものです。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2010年度 > 慶應義塾大学先端生命科学研究所 唾液検査でがんを発見する新技術を開発

フッターの始まり