ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

[プレスリリース]
地域の農業をIT技術で活性化!
慶應義塾大学の開発技術により地域産品のプライべートブランド化の実証実験を実施—地域産品のPB(プライベートブランド)化モデル事業—

研究社会貢献
2009/02/19  慶應義塾

慶應義塾大学SFC研究所「見える化・ラボ」「神成淳司研究室」(湘南藤沢キャンパス)は、経済産業省の地域流通活性化支援情報化モデル事業において、地域産品の生産・流通にITを活用することでPB(プライベートブランド)化を実現する、「生鮮食料品プラットフォーム」ビジネスモデルづくりのためのフィールド実験を、関西商圏にスーパーマーケットチェーンを展開する(株)阪食と連携して実施中です。
このプロジェクトは、慶應義塾大学神成淳司研究室が独自開発したフィールド・センサーにより生産者、卸業者および小売業者が密に連携する農業プラットフォームを構築し、消費者にとって魅力のあるPB商品開発の可能性について検証していきます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース(PDF)

PDFマークがついている頁をご覧いただくには“Adobe Reader“が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのウェブサイトよりお願いいたします。
Adobe Readerのダウンロードはこちら外部サイトへのリンク
Adobe Reader

HOME > 報道発表一覧 > 2008年度 > 地域の農業をIT技術で活性化! 慶應義塾大学の開発技術により地域産品のプライべートブランド化の実証実験を実施—地域産品のPB(プライベートブランド)化モデル事業—

フッターの始まり