ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

慶應義塾による「東北地方太平洋沖地震義援金」へのご協力のお願い

 
2011/03/17  慶應義塾

慶應義塾は、このたびの東北地方太平洋沖地震の被災者の方々に対し、義塾社中(塾員、塾生・保証人、教職員等)が一致協力し最大限の支援を行うため、広く社会に呼びかけ「東北地方太平洋沖地震義援金」を募ることとしました。

義塾社中をはじめ、この義援金の趣旨にご賛同いただけるすべての方々のご協力をお願い申し上げます。

以下がそのお願いです。なお、この義援金に関する最新の情報は、基金室ウェブサイト外部サイトへのリンク をご覧ください。
--------------------

2011年3月17日



塾員およびご家族の皆様
慶應義塾塾内関係者の皆様
塾生およびご家族の皆様
この義援金の趣旨にご賛同いただけるすべての皆様

慶應義塾長 清家    篤
慶應連合三田会 会長 服部 禮次郎
慶應義塾大学全塾協議会 事務局長 神村 健太郎



このたびの「東北地方太平洋沖地震」による被害は広範囲にわたり、塾員、塾生およびそのご家族を含め多くの方々が被災されています。すべての被災者の方々に対し、心よりお見舞い申し上げますとともに、物心両面において困難な状況にある被災者の皆様の安全と、被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

かつて福澤諭吉は、数度の大災害に際し義援金を募るなど、被災地の支援に尽力しました。今回の震災にあたり、慶應義塾、慶應連合三田会、塾生代表機関の大学全塾協議会は、義塾社中として一致協力し、また趣旨にご賛同いただけるすべての皆様のご協力を得て、被災者の方々への最大限の支援を行うため、「東北地方太平洋沖地震義援金」を募ることといたしました。

寄せられましたご厚志の義援金は、日本赤十字社に寄付することといたしますが、被災地の医療支援のためにも使用させていただきます。すでに慶應義塾では、大学病院の医師・看護師・薬剤師・職員で構成される「慶應義塾救援医療団」を、東京都との協力により被災地へ派遣しているところです。

皆様におかれましては、「東北地方太平洋沖地震義援金」の趣旨にご賛同いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

義援金受け入れ口座
口座名:『慶應義塾東北地方太平洋沖地震義援金』
    (ケイオウギジュクトウホクチホウタイヘイヨウオキジシンギエンキン)
    三井住友銀行 三田通支店 普通預金・口座番号 8243412

*募集期間は、3月17日から7月末(*)までとさせていただきます。
 *当初は4月末までとお知らせいたしておりましたが、より多くのご協力を賜りたく、7月末までに延長させていただきました(3/28追記)。
*収支につきましては「三田評論」、「三田ジャーナル」、義塾および慶應連合三田会の各ホームページ等に公表してまいります。
*寄付金控除をご希望の方は、お手数でも慶應義塾基金室まで、『お名前(漢字・カナ)・ご住所・電話番号・振込日・金額・(慶應義塾卒業の方は卒年学部)』をご連絡下さいますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先:慶應義塾基金室
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
電話 03-5427-1542 FAX 03-5427-1546
kikin-box@adst.keio.ac.jp


フッターの始まり