ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
メインカラムの始まり

先端科学技術シンポジウム「iPS細胞が切り拓く今後の医学研究」開催

 
2009/02/10  慶應義塾

2月4日(水)、三田キャンパスにて、慶應義塾創立150年記念 第5回先端科学技術シンポジウム「iPS細胞が切り拓く今後の医学研究」(主催:慶應義塾大学研究推進センター・慶應義塾大学iPS細胞研究拠点、共催:毎日新聞社)が開催されました。

ヒトの皮膚細胞からiPS 細胞(人工多能性幹細胞)の作成に成功したことが報じられて以来、研究が飛躍的に進展し、最近では安全性の高い「新世代iPS 細胞」の開発が、再生医療の実現に向けた第一歩として世界的な脚光を浴びています。シンポジウムでは、iPS細胞研究のオールジャパン体制を推進する文部科学省の菱山豊 研究振興局ライフサイエンス課長、マウスさらには、ヒトのiPS細胞の作成に初めて成功した京都大学 山中伸弥教授、造血幹細胞の分化制御研究で著名な東京大学 中内啓光教授、理化学研究所の高橋政代 網膜再生研究チームリーダー、幹細胞と神経再生の研究を専門とする慶應義塾大学医学部 岡野栄之教授(慶應義塾大学iPS細胞研究拠点・代表研究者)、せきずい患者さんの団体であるNPO法人日本せきずい基金の大濱眞理事長 等、行政、アカデミズム、企業、NPO等で本課題に第一線で取り組む方々が講演を行い、今後のiPS 細胞研究の方向性について展望しました。

当日は、企業や行政の方々、研究者など、900名近い来場者があり、本会場の西校舎ホールが満席となり、北館ホールにも中継するほどでした。シンポジウムは午前10時から午後6時近くまでの長丁場でしたが、iPS細胞研究の第一人者による講演に、参加者は熱心に聞き入りました。



安西塾長による挨拶
▲安西塾長による挨拶
熱心に講演に聞き入る参加者
▲熱心に講演に聞き入る参加者

京都大学 山中伸弥教授 特別講演 「iPS細胞の可能性と課題」
▲京都大学 山中伸弥教授
特別講演 「iPS細胞の可能性と課題」
慶應義塾大学 岡野栄之教授基調講演 「iPS細胞を用いた神経再生戦略」
▲慶應義塾大学 岡野栄之教授
基調講演 「iPS細胞を用いた神経再生戦略」
撮影:石戸 晋

フッターの始まり