ヘッダーの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
パンくず式ナビゲーション
左カラムの始まり
ローカルメニューの始まり
メインカラムの始まり

医療

慶應義塾は、世界に冠たる慶應医学・医療の実現を目指し、総合学塾における医学・医療の展開と医療人材の育成を、慶應義塾大学病院やさまざまな組織を核として行っています。

「実学」
福澤諭吉がいう実学は実際に役立つ学問というより、「科学(サイヤンス)」を指します。この科学を単なる知識としてでなく、実際の行動に活かせるように学ぶことが義塾伝統の「実学の精神」です。
慶應義塾大学病院は、1917(大正6)年の慶應義塾医学科創設以来、日本の医学界をリードする「慶應医学」の担い手として中心的な役割を果たしてきました。「特定機能病院」として高度の医療を提供しつつ、日本各地に展開する関連病院の核として地域医療の発展にも貢献しています。
慶應義塾における新しい医療の取り組みについて、ご紹介しています。


フッターの始まり